展示:デ ソート エアフロー シリーズSE / De Soto Airflow Series SE

本館2階
Main Bldg. 2nd fl.
デ ソート エアフロー シリーズSE(1934年・アメリカ)
De Soto Airflow Series SE (1934, U.S.A.)

車両データ / Vehicle Data

全長 / Length

4918mm

全幅 / Width

1835mm

全高 / Height

1710mm

車両質量 / Vehicle Mass

1640kg

ホイールベース / Wheelbase

2934mm

エンジン形式 / Engine Type

水冷直列6気筒L-頭型

Water-cooled, in-line6, L-head

総排気量 / Total Displacement

3956cm3

最高出力 / Maximum Output

100/75/3400(HP/kW/min-1)

車両解説 / Vehicle Description

多くのメーカーがまだ段階的に流線化を行なっていた1934年、クライスラーとデソートが突如として発表したエアフローは、進歩的すぎたため失敗に終わったが、当時の常識をはるかに超えていた。エンジンを前車軸の真上に置いて重量配分を変えたことで拡大した乗り心地のいい室内、現代のモノコックに近いボディ構造など、あらゆる点で画期的だったのである。このデソートのシャシーやボディ構造がトヨダAA型の開発に与えた影響は大きかった。

In 1934, when many carmakers were still only cautiously approaching streamlined styling, Chrysler and De Soto went ahead and released the Airflow. Although the car was far too advanced to achieve commercial success, many of its features defied convention and established new directions in car design. For example, the engine was placed directly above the front axle, changing the weight distribution and expanding the cabin space for greater ride comfort. Also, the body structure was similar to that of a modern monocoque body. The chassis and body design of the De Soto Airflow greatly influenced the development of the Toyoda Model AA.

展示車リストに戻る/ Back to the list of vehicles