展示:ダットサン 112型 / Datsun Model 112

クルマ館3階
Automobile Gallery 3rd fl.
ダットサン 112型(1956・日本)
Datsun Model 112 (1956, Japan)

車両データ / Vehicle Data

全長 / Length

3860mm

全幅 / Width

1466mm

全高 / Height

1540mm

車両質量 / Vehicle Mass

890kg

ホイールベース / Wheelbase

2220mm

エンジン形式 / Engine Type

水冷直列4気筒SV

Water-cooled, in-line4, SV

総排気量 / Total Displacement

860cm3

最高出力 / Maximum Output

24/18/4000(HP/kW/min-1)

車両解説 / Vehicle Description

英国オースチン車の国産化によって、海外の先進技術を吸収しつつあった日産自動車(株)が1955年に発表した110型車は、戦前から発展しつづけたオールド・ダットサンの完成に達したモデルと言える。112型車はそのマイナーチェンジモデルである。
斬新なデザイン、操縦性、居住性等の設計技術が評価され、第2回「毎日産業デザイン賞(1956年)」を受賞した。

Having assimilated the advanced British technology through an agreement to build Austin cars in Japan using locally produced parts, Nissan Motor Co., Ltd. announced the Datsun Model 110 in 1955. The car stood at the pinnacle of the old generation Datsuns that had steadily evolved since before WWII. The Model 112, which incorporated minor changes, won the Second Mainichi Industrial Design Award in 1956 for its novel design, maneuverability, and comfortable interior.

展示車リストに戻る/ Back to the list of vehicles