展示:ダットサン 11型フェートン / Datsun Model 11 Phaeton

本館2階
Main Bldg. 2nd fl.
ダットサン 11型フェートン (1932年・日本)
Datsun Model 11 Phaeton (1932,Japan)

車両データ / Vehicle Data

全長 / Length

2743mm

全幅 / Width

1197mm

全高 / Height

1556mm

車両質量 / Vehicle Mass

444kg

ホイールベース / Wheelbase

1890mm

エンジン形式 / Engine Type

水冷直列4気筒SV

Water-cooled, in-line4, SV

総排気量 / Total Displacement

722cm3

最高出力 / Maximum Output

12/9/3000(HP/kW/min-1)

備考 / Remarks

※エンジンは後に載せ変えたもので本来は495cm3、出力は10/7.4/3700

* The engine has been replaced with a new unit. The original engine displacement was 495cm3, with an output of 10/7.4/3700 (hp/kw/min-1)

車両解説 / Vehicle Description

ダットサンといえば、かつて日産自動車(株)の小型車ブランドとしてあまりにも有名だったが、この車は日産製ではない。日産がダットサンの生産を始めたのは1933年からで、それは同社の前進・戸畑鋳物(株)がダット自動車製造(株)からダットサンの製造権を獲得してからだ。このダットサンは1932年にダット自動車で生産された150台のなかの1台で、現存する最古のダットサン。ヘッドランプに会社名の刻印がある。

Although Datsun is well known as the former small car brand of Nissan, this Datsun here was not produced by Nissan. The company did not start making the Datsun until 1933, when Tobata Casting Company (Nissan's predecessor) acquired the manufacturing rights to the car from DAT Jidosha Seizo Co., Ltd. The Datsun in our collection is one of the 150 units produced by DAT Jidosha in 1932 and is one of the earliest Datsuns in existence today. The company's name is stamped on the headlamp.

展示車リストに戻る/ Back to the list of vehicles