企画展
開催期間
2004年3月30日(火)~7月4日(日)
場所
本館2階 特別展示室
概要
今年は1904年に「最初の国産自動車」といわれている山羽式蒸気自動車が誕生して100年目の節目の年にあたります。今回の企画展では、もはや現存するのは1台だけという極めて珍しい国産車をはじめ、貴重な資料や懐かしい実車などを紹介します。
 
100年前に電気技師がつくった、日本最初の国産車!
 
24歳の青年がつくりあげた「手作り自動車」!
 
 
「新時代(NewEra)」を創り上げた国産三輪自動車のパイオニア。
 
開発者のこだわりから生まれた、前輪駆動車。
 
 
飛行機がオート三輪に変身した!?
 
「日本的超小型自動車」!
 
山羽式蒸気自動車【模型】
(1904年 明治37年)
国産吉田式“タクリー号” 【模型】
(1907年 明治40年)
トヨタ新日本号AE型乗用車【模型】
(1940年 昭和15年)
トヨタ大型B乗用車【模型】
(1944年 昭和19年)
アロー号(1916年 大正5年)
筑波号(1937年 昭和12年)
京三号トラック(1936年 昭和11年)
<(株)京三製作所 所蔵>
くろがね四起(1941年 昭和16年)
<日本自動車博物館 所蔵>
ゴルハム式三輪乗用車【模型】
(1920年 大正9年)
<日産自動車(株) 所蔵>
ダットサン11型フェートン
(1932年 昭和7年)
パブリカ コンバーチブル
(1963年 昭和38年)
ニュー・エラ号
(1931~36年 昭和6~11年)
トヨタ RK型トラック(1955年 昭和30年)
フライングフェザー(1955年 昭和30年)

みずしま TM 3 C型(1949年 昭和24年)

学芸員による作品解説  
日 時 4/2(金)、4/3(土)および期間中(3/30~7/4)の毎週水曜日
15:00~15:30
会 場 本館2階 特別展示室
参加費 無料(但し、入館料が必要です)
特別展示  

ダイハツ SA-6型オート三輪(1937年 昭和12年)
トヨタ KC型トラック(1946年 昭和21年)

【場所】:新館1階