TOYOTA
 
環境年表

環境マネジメント 開発・設計 生産・物流 リサイクル
住宅/バイオ・緑化事業 連結環境マネジメント 社会側面
1979 ・ LASREエンジンシリーズを開発(3A-U)
1984 ・ 世界に先がけリーンバーンエンジンの量産を開始
1985 ・ 世界で初めて副室式ディーゼルエンジン用電子制御燃料噴射システムを実用化
1986 ・ CNG車プロトタイプ製作、大手ガス会社とも共同開発
1993 ・ カーエアコン用冷媒CFC12を新冷媒HFC134aに全車種で代替完了
1994 ・ フレックスロックアップシステム開発
・ リーンバーンエンジンと組み合せてNOxを浄化するNOx吸蔵還元型三元触媒を開発
1995 ・ ISO14001体制整備着手
・ 高性能電気自動車「RAV4-EV」を開発
・ VVT-i(連続可変バルブタイミング機構)を開発
1996 ・ 2人乗りEV「e-com」をモーターショーに出品
・ 「コロナプレミオ」にD-4エンジン搭載
・ 燃料電池ユニットと水素吸蔵合金ユニットを組み合せたFCEV(試作車)を発表
1997 ・ D-4が自動車技術学会賞「開発賞」(日本)、R&D100選(米国)を受賞
・ 高効率なオートマチックトランスミッション「super ECT」を開発
・ 可溶有機成分を50%以上低減する「ディーゼル用酸化触媒」を開発
・ メタノール改質型FCEVの試作車発表
・ トヨタ・ハイブリッドシステムを搭載した「プリウス」を発売
・ 冷媒を低減した新型エアコンを開発
・ 「ハリアー」から製品環境マネジメントを全面適用開始
・ 平成12年規制レベルに対応した「新排出ガス低減システム」を開発
1998 ・ Nox触媒システムの特許を世界10カ国で取得
・ 新世代1リッターカーガソリンエンジンを開発
・ 累計100型式以上が「7都県市低公害車指定制度」に認定
1999 ・ EVコミューターシステム「Crayon」を開発し、社内で稼動開始
・ ハイブリッド用新型コンパクトバッテリーを開発
2000 ・ 自主的な2000年度燃費目標達成
・ ガソリン車の平成12年排出ガス規制へのボランタリー対応を完了
・ 小型ニッケル水素バッテリーを搭載した新型「プリウス」を発売
2001 ・ 3月 燃料電池ハイブリッド車の開発を加速、水素吸蔵合金タンク搭載「FCHV-3」発表
・ 6月 高圧水素タンク搭載「FCHV-4」を開発し公道走行試験を開始
・ 2010年燃費基準を4区分で達成
・ 「低排出ガス車認定制度」適合車の導入拡大
・ 2010年燃費基準&低排出ガス車の導入拡大
・ 燃料電池ハイブリッド車の開発を加速し、限定販売計画を公表
・ LCA実施結果を新型車のカタログで公表
2002 ・ ハイブリッド乗用車を3車種に拡大し、累計10万台達成
・ 2010年燃費基準8区分中6区分で達成
・ 低排出ガス車認定制度の適合車を拡大し98%に
・ 「2010年燃費基準」&「超-低排出ガス」適合車を導入拡大、21車種に
・ FCHVの限定発売を開始
・ ハイブリッド車の普及進み、累計販売台数14万台を達成
・ 次期「プリウス」のLCAを公表
2003 ・ 超-低排出ガスレベル以上の適合車を76.5%に拡大
・ 2010年燃費基準7区分6区分で達成
・ 新開発触媒DPR・DPNRをディーゼル車に設定
・ FCHV-BUS2が営業運行開始
・ 環境負荷を効果的に削減する評価システム「Eco-VAS」導入
・ パワートレイン全面一新 新型「プリウス」発売
2004 ・ ガソリン乗用車の2010年燃費基準達成車は87%
・ 超-低排出ガスレベル以上の適合車を90.8%に拡大
2005 ・ ハイブリッド車の全世界での累計販売台数は36万台
・ 新型ヴィッツからEco-VASの運用開始
ページトップへ

前のページ 次のページ
閉じる
(c) TOYOTA MOTOR CORPORATION. All Rights Reserved.