TOYOTA
フロン回収事業者向け情報
フロン回収事業者に支払う回収料金
●フロン回収事業者に支払う回収料金 (税抜き)
   

車両区分

自動車(バスを除く)

小型バス(全長7m未満)

大型バス(全長7m以上)
フロン回収業者に
支払う回収料金
1,550円 3,540円 5,970円
(注)いずれも1台あたり
   
●回収料金支払額の考え方
回収料金は「自動車1台当たり」で車種区分ごとに決められた額をお支払いたしますが、回収量も勘案し、一定の基準量を下回った場合は減額させていただきます。
なお、運用上、ボンベ・パレットには複数台分のフロンが混在した形で引取るため、ボンベ・パレットごとに回収料金の計算を行います。
よって、ボンベ・パレットに充てんされたフロンの量が「基準引取量」を下回った場合、下回った量の割合に応じて回収料金支払額は減額されます。

     
(1) 「基準引取量」の計算
ボンベ・パレットに添付されたフロン類管理書枚数 (台数) と車種区分ごとに決められた「台当たり引取量基準値」から、ボンベ・パレットの「基準引取量」 (バス分を除く)を計算します。

車両区分(バス除く)

台当たり引取量基準値
登録自動車 0.35Kg
軽自動車 0.30Kg
※「台当たり引取量基準値」(バス除く)

 「基準引取量」=
 (0.35Kg × 登録自動車分フロン類管理書枚数 (台数)) + (0.30Kg × 軽自動車分フロン類管理書枚数 (台数))
     
(2) 回収料金支払額の計算
i. ボンベ・パレットに充てんされたフロンの量が(1)で計算した「基準引取量」以上だった場合
  (満額支払)
 回収料金支払額=
 1,550円 × (登録自動車分フロン類管理書枚数 (台数)) + 軽自動車分フロン類管理書枚数 (台数))


ii. ボンベ・パレットに充てんされたフロンの量が(1)で計算した「基準引取量」未満だった場合
 (支払減額対象)
回収料金支払額 = 1,550円 × (登録自動車分フロン類管理書枚数 (台数))
+ 軽自動車分フロン類管理書枚数 (台数)) × 充てんフロン量
(1)で計算した「基準引取量」

     
(3) バス分を含んだ場合の回収料金の計算方法
同一ボンベにバス専用フロン類管理書が添付されていた場合、当該ボンベ・パレットに充てんされたフロンの量からで計算した「基準引取量」を差し引いた フロンの量をバス分の回収フロン量とみなして、同様の考え方で回収料金の計算を行います。

車両区分(バス)

台当たり引取量基準値
小型バス 1.60Kg
大型バス 2.50Kg
※「台当たり引取量基準値」(バス)
     


閉じる
(c) TOYOTA MOTOR CORPORATION. All Rights Reserved.