TOYOTA
SEARCH
企業情報
投資家関連情報
社会への取り組み
自動車事業
その他の事業
技術情報
リサイクルへの取り組みTOP

はじめに・トヨタリサイクルビジョン

自動車リサイクルの現状

リサイクル法と対応
日本の自動車リサイクル法と対応の概要
EUの自動車リサイクル法概要


リサイクル設計

リサイクル処理技術の開発

解体技術の開発

HVバッテリーリサイクル

販売店でのリサイクル


 
リサイクルへの取り組み
EUの自動車リサイクル法概要
使用済自動車のリサイクルを推進するため、2000年10月に欧州連合(EU)より*ELV指令が制定されました。EU指令を受け、EU加盟各国では、それぞれの事情を考慮し、国内法を制定しています。*ELV:End of Life Vehicleの略、使用済自動車のこと。
● EU加盟25カ国(2004年5月新規加盟10カ国)
● EU指令の概要
項 目 内 容
リサイクル率
・リサイクル可能率
新型車のリサイクル可能率を型式認証要件化
2005年頃以降 リサイクル可能率95%以上
 
・リサイクル実効率
EUにおけるELVのリサイクル目標を規定
2006年以降 リサイクル実効率85%以上
(サーマルリサイクル5%以内)
2015年以降 リサイクル実効率95%以上
(サーマルリサイクル10%以内)
尚、リサイクル促進の為、触媒、タイヤ、ガラスやバンパー等の大物プラスチック部品の取外し等も規定
環境負荷物質
・自動車に含まれる環境負荷物質を規制
2003年7月以降 市場に投入される新車は、鉛、水銀、カドミウム、6価クロムの使用を原則使用禁止
但し、適用除外部品リストに記載の品目は免除される。
費用負担
・最終所有者から無償でELVを回収
・ELV処理費用の全て又は多くの部分を生産者が負担
2002年7月以降 左記以降に販売された新車
2007年1月以降 過去に販売した車両を含む全てのELV
 
 
ご利用に際して  |  個人情報の取り扱い  |  お問い合わせ  |  サイトマップ
(c) TOYOTA MOTOR CORPORATION. All Rights Reserved.