TOYOTA
環境への取り組み


環境ビジョン
トヨタ環境取組プラン
第3次「トヨタ環境取組プラン」進捗状況(2004年度末)
(3ページ/4ページ中)
第3次環境取組
プラン項目
取り組み方針 具体的な目標 成果、パフォーマンス
(15)仕入先との活動充実
  • 環境マネジメントシステム整備の促進・支援と、トヨタ基準に基づく環境負荷物質管理(製品使用物質、生産工程使用物質)の徹底
  • 2003年度までに全仕入先ISO14001の
    認証取得
  • 450社中447社(2004年度実績)においてISO14001取得完了、生産の環境負荷物質(457物質)の管理展開中
(16)販売店との活動充実
  • 1999年11月策定「トヨタ販売店環境ガイドライン」の浸透・定着活動の推進
  • トヨタ販売店環境基準目標2002年度達成の促進・支援
  • 2000〜2002年の3カ年にわたる各社の取り組みにより基準目標を全店が達成
  • 2002年度は環境対応状況の販売店各社による相互確認を都道府県単位で開催
  • 自動車リサイクル法対応指針の策定による販売店の確実な対応を支援
(17)リサイクルシステムの整備
  • リサイクル処理技術の開発
  • 95%リサイクル処理技術の実証と提案
  • 2003年11月ASRサーマルリサイクル技術の実証完了
  • 政府、業界との連携による制度構築への参画
  • 日本社会に即したリサイクルシステムの構築
  • 自動車リサイクルの社会制度構築(情報システム・関係法人の体制整備)へ業界活動を通じ率先して参画。
    2005年1月システムを円滑に立上げ
 
  • 3品目のリサイクル体制構築
    (エアバッグ、フロン、ASR)
  • 3品目の引取・リサイクルの効率的な体制整備により、2005年1月順調な運用開始

  • EU廃車指令による各国法規目標の達成
 
  • 2002年7月新規販売車の引取体制構築完了
  • 2007年1月全廃車引取へ向けEU25カ国での廃車引取リサイクルの仕組構築中
(18)交通システムの研究と提言
  • 「望ましい交通環境」に関する調査研究の推進と提言
  • 渋滞対策等環境改善に資する道路交通政策の研究と提言
  • WBCSD・SMP(サステイナブル・モビリティ・プロジェクト)で「モビリティー2030:持続可能な社会を目指すモビリティーの挑戦」発行(2004年7月)
  • トヨタ本社地区の渋滞対策を豊田市等と協力し積極的に推進(TDM社会実験(2004年10月)等)
  • 自工会活動をリード「交通施策評価手法」を関係省庁へ提案(2005年2月、3月)や環境NPO支援(34団体)
(19)環境基礎研究の充実と提言
  • 環境改善に資する基礎研究の推進と提言
  • 自動車排出ガスの沿道環境への影響実態調査、および生体影響調査・研究の推進
  • 豊田中研と連携し、自工会活動をリード、推進
    • 大気環境研究
    • 生体影響研
ページトップへ

前のページ 次のページ
(c) TOYOTA MOTOR CORPORATION. All Rights Reserved.