※ご注意※
報告書の内容をご覧いただくためには、
Adobe社のAcrobat Reader日本語版3.0以降が必要となります。
お持ちでないかたは、こちらでダウンロードしてください。


Get Acrobat Reader
Acrobat 及びAcrobat ロゴは、Adobe Systems Incorporated (アドビ システムズ 社)の商標です。

トヨタ環境マネジメント
取り組み体制
'99年度環境方針
環境マネジメントシステム監査
環境コストマネジメント
ISO14001
LCAへの取り組み
情報開示の充実
教育・訓練・啓発
'99年度の方針と活動結果
「地球環境憲章」の改定と新「環境取組プラン」の策定
第3次「トヨタ環境取組プラン」(2001〜2005年度)
(現行)第2次「トヨタ環境取組プラン」の達成状況 (1996〜2000年度)

 

 

環境マネジメント全体 (323Kb)

ISO14001を運用した製品開発

環境6分野における'99年度の取り組み
      1.燃費の向上
       (a)新型直噴ガソリンエンジンD-4の開発・搭載
       (b)軽量小型ガソリンエンジンの開発・搭載
       (c)高効率トランスミッション「スーパーECT」の搭載拡大
       (d)軽量化・空気抵抗低減による燃費改善
      2.排出ガスの低減
       (a)11車種がJ-TLEV基準をクリア(社内評価)
       (b)ディーゼルエンジンのクリーン化
       (c)ディーゼル車用新触媒システムの基本技術を確立
       (d)低公害車指定制度に83型式が認定
      3.車外騒音の低減
      4.エアコンの省冷媒化

クリーンエネルギー車の開発と普及
'99年度[国内向け乗用車]新型車・モデルチェンジ車の主要環境データ
[開発成果]新型「クラウン」の燃費向上と排出ガス浄化

 

 

開発・設計全体 (387Kb)

調達
「環境に関する調達ガイドライン」のフォロー活動を展開
生産
未然防止の徹底
  1.環境保全事前検討制度の改訂 
  2.PRTR情報を自主的に開示
  3.環境負荷物質の低減
  4.緊急対応訓練
地球温暖化防止
  1.低負荷ラインの集約による生産性の向上
  2.エンジン製造での新ライン稼働で少エネ・省エネ推進
  3.エネルギー管理の徹底
オールトヨタ地球温暖化防止対策
埋立廃棄物ゼロの推進
  1.廃棄物発生量の着実な低減
  2.「埋立廃棄物ゼロ」の全工場への展開
水資源節約への新たな取り組み
[工場の取り組み1]高岡工場
[工場の取り組み2]広瀬工場

 

 

調達・生産全体 (774Kb)

二つの視点で継続的に負荷を低減
  1.輸送の合理化によるエネルギー低減
      (CO2排出量の低減)
  2.梱包・包装資材の仕様簡素化
       リサイクル促進による使用量低減
物流センター・部品センターなどの拠点活動
[物流の取り組み1]仕入先のアイデア共有化を促進
[物流の取り組み2]ダイハツとの共同輸送を拡大

 

 

物流全体 (258Kb)

 

   
循環型社会への貢献をめざして体制を強化
開発・設計段階のリサイクルへの取り組み
  1.リサイクル分野の事前評価システムの定着
  2.リサイクルに配慮した材料の選定
  3.環境負荷物質の使用低減
  4.新型「クラウン」のリサイクル設計の例
リサイクル新技術による生産時廃材の再利用
流通段階のリサイクルへの取り組み
  1.ニッケル水素バッテリーリサイクルシステムの国内回収実績
  2.欧州に「プリウス」バッテリーリサイクルシステムを構築
  3.エアバッグインフレータ回収・処理システムの構築に参画
  4.廃バンパーの回収・リサイクルシステム
  5.リビルトパーツ供給部品を追加
販売店における取り組み
  1.「トヨタ販売店環境ガイドライン」の策定と展開
  2.中古パーツ販売にトライアル
廃棄段階における自動車のリサイクル
  1.リサイクル防音材「RSPP」の増産
  2.その他のリサイクル実績
  3.リサイクルにおける連携・協力
[販売店の取り組み1]トヨタ自動車販売協会「環境問題研究会」
[販売店の取り組み2]兵庫トヨタ自動車(株)
[販売店の取り組み3]トヨタカローラ大阪(株)

 

 

リサイクル全体 (581Kb)

連結環境マネジメントの構築に向けて
[製品分野]最新規制に対応する環境配慮製品を導入
[生産分野]各地域での着実なレベルアップに取り組む
[リサイクル分野]欧州での取り組みを強化
[海外事業体1]T&K(マレーシア)
[海外事業体2]TGB(イギリス)
[海外事業体3]TMMI(米国)

 

 

海外での取り組み全体 (452Kb)

ITSによる環境負荷低減
トヨタのITSへの取り組み

L&F(ロジスティックス&フォークリフト)事業
アグリバイオ・環境緑化事業
情報通信
住宅事業

 

 

自動車以外の事業全体 (516Kb)

コミュニケーション
社会貢献活動

 

 

コミュニケーション・社会貢献活動全体 (194Kb)

「スペシャルストーリー」
主要事業所・関連会社
工場・事業所別の環境データ一覧
 本社/元町/上郷/高岡/三好/堤/明知/下山
 衣浦/田原/貞宝/広瀬/春日井/栃木/山梨
 環境センター
継続的な取り組み
欧文略語
環境報告書に対する第三者意見書

*本報告書のデータ開示対象期間は'99年度('99年4月1日〜2000年3月31日)とし、その範囲は日本における自動車を中心とする事業活動です。発行が8月となったため、大きな進捗については、8月現在までの活動も記述しています。

*基本構成としては、まず「環境マネジメント」の章で環境管理全体を語り、そのあとクルマのライフサイクルに沿って「開発・設計」「調達・生産」「物流」「リサイクル」の順に活動を報告しています。

*各章末尾の「開発成果」や「取り組み」、巻末の「スペシャルストーリー」は、'99年度の環境取り組みで、特に成果の大きかった特徴的事例やプロジェクトを紹介しています。

*トヨタの売上の94%は自動車によるものですが、「自動車以外の事業」の項目でも、環境影響に関わりのある4つの分野の活動を紹介しています。



TOYOTA Internet Drive ホームへ 環境報告書トップへ