環境への取り組み

トヨタ自動車株式会社 環境報告書 2002
トヨタ環境年表 環境マネジメント|開発設計調達・生産・物流リサイクル・流通連結環境マネジメント
住宅事業アグリバイオ・環境緑化事業|社会との連携・従業員とのかかわり
●環境マネジメント
●社会との連携・従業員とのかかわり
1963年
生産環境委員会設立
1973年 毎年6月を「トヨタ環境月間」に制定
製品環境委員会設置
1989年 オゾン層保護推進小委員会設置
1990年 リサイクル委員会設置
1991年 「トヨタ環境月間」を
「地球環境月間」に改称
紙資源を節約する「ひとり1本運動」
を展開(〜1992年末)
1992年 「トヨタ基本理念」制定 1992年 「トヨタの森」計画を策定
「地球環境に関するトヨタの
取り組み方針(通称:トヨタ地球環境
憲章)」制定
トヨタ環境委員会設置
1996年 高岡工場ISO14001外部認証取得 1996年 「トヨタ先端科学技術研究助成プログラム」を開始
堤工場ISO14001外部認証取得
「トヨタ2005ビジョン」発表
「トヨタ環境取り組みプラン」改定
1997年 「トヨタ基本理念」改定 1997年 第1回トヨタ環境フォーラム開催
「LCA社内検討会」設置
元町工場・田原工場
ISO14001外部認証取得
1998年 環境部を設置 1998年 環境緑化を担う人材育成などを目指した「エコのもりセミナー」を3年計画で開始
開発・設計分野でISO14001外部認証
取得
全従業員の意識啓発用に環境ポケット
ブックを配布
「環境報告書」第1号を発行
1999年 LCA評価ソフト用の計算モデルとデータ
ベース構築
1999年 国連環境計画(UNEP)「グローバル500賞」受賞
新型・フルモデルチェンジ製品全ての
カタログに「環境仕様」の掲載を開始

2000年 「トヨタ地球環境憲章」を改定、第3次
トヨタ環境取組プラン(01〜05年度)を
策定し、国内外の連結子会社を対象とした
「連結環境マネジメント」を導入開始

2000年 WBCSD(持続可能な発展のための世界経済人会議)の
副会長に豊田名誉会長が就任
環境教科書を作成し、各部に環境リーダーを選任、リーダー教育を開始 年間2億円の規模、当面3年間の計画で「トヨタ環境活動助成プログラム」を開始
2001年 第2回「トヨタグローバルEMS連絡会」開催
2001年 中国で砂漠化防止の植林を開始
各部の環境リーダー全員へ教育プログラム実施完了
岐阜県白川村に2005年オープンを目指し自然学校の設立計画を発表
基幹職への環境教育を開始 「持続可能な発展」をテーマに第1回「ステークホルダーダイアログ」を開催
トヨタの森第2期「エコのもりセミナー」スタート
労働安全衛生に関する新会社「豊田安全衛生マネジメントM」を設立
2002年 環境コストに関連して、「顧客効果」「エコ・エフィシェンシー」を試算 2002年 岐阜県白川村で植林イベントを実施


このページのトップへ ↑

環境マネジメント|開発設計調達・生産・物流リサイクル・流通連結環境マネジメント
住宅事業アグリバイオ・環境緑化事業|社会との連携・従業員とのかかわり
環境への取り組みトップへ


Copyright 2001 Toyota Motor Corporation. All rights Reserved.