TOYOTA  
検索 GO!
トップページ
はじめに
環境側面
社会・経済側面
  お客様
社会
  交通安全への取り組み
  社会貢献活動
  地域活動
  ステークホルダーとの対話
  サスティナブル・モビリティに向けた連携
取引先
従業員
株主
第三者意見書
PDFダウンロード
 
交通安全への取り組み
 
トヨタ交通安全キャンペーン
 1969年から開始し、30年以上継続している「トヨタ交通安全キャンペーン」を中心に、トヨタでは「人」に対する幅広い交通安全活動を実施しています。全国交通安全運動の期間に合わせ、全国の車両販売店、L&F店、部品共販店、レンタリース店の449社と共同で、毎年春と秋の2回、開催しています。
 活動の柱は(1)幼児安全啓発活動、(2)シートベルト・チャイルドシート着用啓発活動の二つです。
 幼児安全啓発活動では、同キャンペーン開始当初から毎年、全国の新入幼稚園児・保育園児に交通安全教材を贈呈しており、これまでに累計約9,400万部を配布しています。教材の中では、「道路の正しい歩き方・渡り方」「道路への急な飛び出しの危険」、保護者向けには「チャイルドシートの正しい使い方」などを解説しています。2002年度は、紙芝居を4万4,000部、絵本を200万部を配布しました。
 またシートベルト・チャイルドシート着用啓発活動では、2002年度にシートベルト・チャイルドシート着用啓発リーフレットを134万部、妊娠中のシートベルト着用啓発リーフレットを137万部配布しました。
 
2002年度配布
シートベルト・チャイルドシート着用啓発リーフレット
 
安全運転実技講習会
 1987年より、安全運転実技講習会「トヨタ・ドライバーコミュニケーション」を実施しています。2002年度までに約7,800人が受講しています。この講習会は、ブレーキやコーナリングの限界挙動の体験やABSなど安全装備の効果・正しい使い方を習得し、安全運転のレベルアップを図るプログラムです。2002年度は、富士スピードウェイ、スポーツランドSUGO、クルマに関する様々な体験ができる「メガウェブ」などでレベルに応じたきめ細かい講習を展開し、約800人が受講しました。  
トヨタ・ドライバーコミュニケーション
 
トヨタ・チャイルドセーフティコミュニケーション
 チャイルドシートの一層の普及と誤使用による事故防止を目指し、「トヨタ・チャイルドセーフティコミュニケーション」を実施しています。「*子供の安全ネットワーク・ジャパン」等と連携し、妊産婦・保護者を対象に開催しています。医師の説明や実演指導により、チャイルドシートの必要性と正しい使用方法をご理解いただき、確実な装着を呼びかける体験型講習会です。
*子供の安全ネットワーク・ジャパン:全国の産婦人科医・小児科医を中心に子どもの事故防護啓発活動を進める団体。
 
チャイルドシートの使用方法を実演
前のページ ページのトップへ 次のページ

©2003 TOYOTA MOTOR CORPORATION. All Rights Reserved