TOYOTA  
検索 GO!
トップページ
はじめに
環境側面
  2002年環境の取り組み
ハイライト
環境マネジメント
開発・設計
調達・生産・物流
  【調達】サプライヤーと連携した環境取り組み
  【生産】
資源投入量と環境への排出量
  生産環境マネジメントシステム
  リスク低減への取り組み
  未然防止の徹底
  地球温暖化防止
  環境負荷物質の低減
  廃棄物の低減
  省資源の取り組み
  水資源の節約
  大気・水質データ
  [工場の取り組み]元町工場
  【物流】
  CO2排出量の低減
  梱包・包装資材の使用量低減
  拠点活動
  日本調達品展示会
  部品センターの活動事例
リサイクル・流通
自動車周辺およびその他事業
環境教育・コミュニケーション
スペシャルストーリー
環境連結マネジメント
トヨタの環境関連の受賞実績
環境側面の継続的報告
環境年表
社会・経済側面
PDFダウンロード
 
調達・生産・物流
 
資源投入量と環境への排出量
 トヨタは、循環型社会を形成し環境リスクを軽減するには、資源の有効利用と環境負荷物質の排出量を低減することが必須条件と考え、取り組みを推進しています。
 下図は、2002年度の生産・物流工程における資源、エネルギー等の投入と環境への排出状況を表しています。
 生産工程では、原材料・副資材などを165万t、電力・燃料などエネルギ-を35.7×106GJ、1,580万m3の水を使用し、大気中へ162万t-CO
2の温室効果ガスを、水域へは1,212万m3の水を排出しました。廃棄物は、総発生量のうち51万1,000tは循環資源 としてセメント原材料等に再利用、埋立処分地への最終処分量等は8,000tとなりました。
 物流は、31億トンキロの完成車両や部品等を輸送し28万3,000t-CO
2のCO2ガスを排出しました。今後も継続して資源の有効利用、排出物の低減に取り組み、循環型社会の形成に寄与します。
 
■自動車生産・物流工程における2002年度の資源投入量と環境への排出量
 
前のページ ページのトップへ 次のページ

©2003 TOYOTA MOTOR CORPORATION. All Rights Reserved