TOYOTA  
検索 GO!
トップページ
はじめに
環境側面
  2002年環境の取り組み
ハイライト
環境マネジメント
開発・設計
調達・生産・物流
  【調達】サプライヤーと連携した環境取り組み
  【生産】
資源投入量と環境への排出量
  生産環境マネジメントシステム
  リスク低減への取り組み
  未然防止の徹底
  地球温暖化防止
  環境負荷物質の低減
  廃棄物の低減
  省資源の取り組み
  水資源の節約
  大気・水質データ
  [工場の取り組み]元町工場
  【物流】
  CO2排出量の低減
  梱包・包装資材の使用量低減
  拠点活動
  日本調達品展示会
  部品センターの活動事例
リサイクル・流通
自動車周辺およびその他事業
環境教育・コミュニケーション
スペシャルストーリー
環境連結マネジメント
トヨタの環境関連の受賞実績
環境側面の継続的報告
環境年表
社会・経済側面
PDFダウンロード
 
調達・生産・物流
 
CO2排出量の低減
   完成車、生産用部品、補給部品の輸送に伴うCO2総排出量低減の取り組みは、(1)低原単位輸送 (2)総走行距離の低減を柱にして活動しました。その結果、総排出量は2001年度29万tから2002年度には28万3,000tとなり目標を達成しました。
 
■車の物流フロー
 
(1)低原単位輸送へのシフト
 モーダルシフト、燃費向上等を低原単位輸送と位置付け、ボディメーカーの岩手工場から完成車を関東の販売店にトレーラー輸送していたものを、一部海上輸送に変更しました。トラック等の陸上輸送では、アイドリングストップの励行、海上輸送では燃費を考慮した航行管理、船底のこまめな清掃等により燃費を向上させました。
  (2)総走行距離の低減
 部品共販店向け出荷ケースを改善し、トラックの積載率向上や輸送ルートの集約による便数の削減、走行ルートの見直しによる距離短縮、また、これらの組み合せにより、総走行距離を低減しました。
 
■CO2排出量低減の取り組み結果

※低減活動を行ったことによるCO2低減量です。
 
前のページ ページのトップへ 次のページ

©2003 TOYOTA MOTOR CORPORATION. All Rights Reserved