TOYOTA  
検索 GO!
トップページ
はじめに
環境側面
  2002年環境の取り組み
ハイライト
環境マネジメント
開発・設計
調達・生産・物流
  【調達】サプライヤーと連携した環境取り組み
  【生産】
資源投入量と環境への排出量
  生産環境マネジメントシステム
  リスク低減への取り組み
  未然防止の徹底
  地球温暖化防止
  環境負荷物質の低減
  廃棄物の低減
  省資源の取り組み
  水資源の節約
  大気・水質データ
  [工場の取り組み]元町工場
  【物流】
  CO2排出量の低減
  梱包・包装資材の使用量低減
  拠点活動
  日本調達品展示会
  部品センターの活動事例
リサイクル・流通
自動車周辺およびその他事業
環境教育・コミュニケーション
スペシャルストーリー
環境連結マネジメント
トヨタの環境関連の受賞実績
環境側面の継続的報告
環境年表
社会・経済側面
PDFダウンロード
 
調達・生産・物流
 
梱包・包装資材の使用量低減
   部品の梱包・包装資材について(1)3R活動、(2)簡素化、(3)材質変更等をサプライヤー、関係部署と連携し、見直しに取り組みました。その結果、使用量は4万9,000tとなり目標を達成しました。
 
(1)3R活動
 リターナブル、リユース、リサイクル化の3R活動として主な取り組みは、リターナブルについては出荷ケースをスチール製としリターナブル化しました。リユースでは緩衝材の削減や再使用を徹底しました。全体で50件の改善で1,200t削減しました。
  (2)簡素化
 全ての梱包・包装資材について、簡素化あるいは廃止ができないか等に着眼し見直しをしました。その結果、150件の改善が図れ、全体で330t低減しました。
 
(3)材質変更
 再利用できる材質への変更および使用する材質を統一する単一化等に取り組み、主な事例としては、エアーエレメントの中間箱の段ボールをポリ袋に変更、ブロック等の段ボール箱+木製を耐久性やリサイクル性に優れた樹脂容器に変更しました。全体で100件の改善が図れ、290t低減しました。
   
 
前のページ ページのトップへ 次のページ

©2003 TOYOTA MOTOR CORPORATION. All Rights Reserved