TOYOTA  
検索 GO!
トップページ
はじめに
環境側面
  2002年環境の取り組み
ハイライト
環境マネジメント
開発・設計
調達・生産・物流
  【調達】サプライヤーと連携した環境取り組み
  【生産】
資源投入量と環境への排出量
  生産環境マネジメントシステム
  リスク低減への取り組み
  未然防止の徹底
  地球温暖化防止
  環境負荷物質の低減
  廃棄物の低減
  省資源の取り組み
  水資源の節約
  大気・水質データ
  [工場の取り組み]元町工場
  【物流】
  CO2排出量の低減
  梱包・包装資材の使用量低減
  拠点活動
  日本調達品展示会
  部品センターの活動事例
リサイクル・流通
自動車周辺およびその他事業
環境教育・コミュニケーション
スペシャルストーリー
環境連結マネジメント
トヨタの環境関連の受賞実績
環境側面の継続的報告
環境年表
社会・経済側面
PDFダウンロード
 
調達・生産・物流
 
部品センターの活動事例 出荷ケースの充填率向上活動
 サービスパーツ物流部では、修理や点検等で使用される補給部品を、出荷ケースに収納し、部品共販店や海外代理店に出荷しています。出荷ケースにスキ間なく収納することが輸送量、包装資材使用量の低減に大きな効果があります。大口部品センターでは、出荷ケースへの収納技能向上を図るため作業者と監督者が一体となって活動しています。   ◆充填率向上活動の改善ステップ
(1)前日の充填率実績を翌日に
 パソコンで把握
(2)作業状況をビデオ撮影し詰め方の
 弱点をつかむ
(3)基本的には本人が分析
 (上司はアドバイス)
(4)標準作業組み合わせ票を自分で作成
(5)(4)に弱点・改善ポイントを明記する
(6)訓練道場で上司と一緒に訓練
(7)本人と上司が結果を評価
 


訓練風景
  ■充填率向上の改善例
 
前のページ ページのトップへ 次のページ

©2003 TOYOTA MOTOR CORPORATION. All Rights Reserved