TOYOTA  
検索 GO!
トップページ
はじめに
環境側面
  2002年環境の取り組み
ハイライト
環境マネジメント
開発・設計
  製品環境マネジメントシステム
  燃費の向上
  排出ガスの低減
  超-低排出ガスレベル&2010年燃費基準達成車の普及促進
  車外騒音の低減
  クリーンエネルギー車
  LCAへの取り組み
  新型・モデルチェンジのLCA評価
  [環境性能]次期「プリウス」:ニューヨーク国際オートショー出展モデル
調達・生産・物流
リサイクル・流通
自動車周辺およびその他事業
環境教育・コミュニケーション
スペシャルストーリー
環境連結マネジメント
トヨタの環境関連の受賞実績
環境側面の継続的報告
環境年表
社会・経済側面
PDFダウンロード
 
開発・設計
 
新型・モデルチェンジのLCA評価
 LCAを新型・モデルチェンジ車に実施しました。「イスト」の場合、VVT-i、高効率トランスミッションの採用、空気抵抗の低減、エアコンの省動力化などによって低燃費を実現し、暖機性・耐久性に優れた触媒装置、空燃比補償装置、燃料蒸発ガス抑止装置などを効果的に制御することにより、排出ガス浄化効果を高めました。
 その結果、同クラス従来型車に比べCO
2排出量8%、NOx排出量63%、非メタン炭化水素排出量64%の低減を確認できました。
 

イスト
  ■イストと従来車のスペック

※1:自動車の生涯走行距離を10万km(10年)とし、10・15モードで走行した場合の結果です。
※2:左記のグラフでは、CO
2は従来型車を1とし、CO2以外の項目はNOxの従来型車を1として指数化しました。
 
■「イスト」のLCA評価結果
 
■2002年度[国内向け乗用車]新型車・モデルチェンジ車の主要環境データ





※掲載した車種タイプは、原則的に販売台数の多いタイプを取り上げています。
(注1)乗用車排出ガスレベル(下表)をご参照ください。

(注2)詳しくはこちら。
※上記表中の車両にはオゾン層破壊物質であるCFC12は使用しておりません。また、それら部品においては環境負荷物質であるアジ化ナトリウムの使用はありません。
 
ガソリン乗用車排出ガスレベル


ディーゼル乗用車排出ガスレベル
 
新型車・フルモデルチェンジ車の環境データは「環境仕様」として製品カタログ、およびホームページ上にも掲載しています。http://www.toyota.co.jp/ecodata
 
前のページ ページのトップへ 次のページ

©2003 TOYOTA MOTOR CORPORATION. All Rights Reserved