TOYOTA  
検索 GO!
トップページ
はじめに
環境側面
  2002年環境の取り組み
ハイライト
環境マネジメント
  環境に対する基本的な考え方
  取り組み体制
  2002年度の目標と活動結果
  環境関連事故・訴訟など
  環境会計
  海外生産事業体への環境会計の導入
開発・設計
調達・生産・物流
リサイクル・流通
自動車周辺およびその他事業
環境教育・コミュニケーション
スペシャルストーリー
環境連結マネジメント
トヨタの環境関連の受賞実績
環境側面の継続的報告
環境年表
社会・経済側面
PDFダウンロード
 
環境マネジメント
環境関連事故・訴訟など
 生産関係は表に示す2件の環境事故が発生し、設備の改善、環境マネジメントシステムの要件から見た管理の見直しなどの対策と横展開で速やかに再発防止の徹底を図りました。また、周辺地域の方から、自宅の井戸水について、環境基準の137倍のトリクロロエチレンによる水質汚染を検出との指摘を受けました。
 製品については、主として環境に関連するリコールは発生していません。
 環境関連の訴訟は、東京での自動車排出ガスの健康影響に関する訴訟について、2002年10月、自動車メーカーの賠償責任を認めない第一審判決が下りましたが、原告が控訴をし、現在係争中です。また、米国での燃料蒸発ガスの漏れ検出システムの認証手続に関する訴訟は、保証延長、規制強化対応繰上げ、環境対策事業への寄付金拠出などの内容で、2003年3月、連邦当局と和解に合意しました。
 
■2002年度に発生した環境事故

トヨタ車のリコール情報はこちらをご覧下さい。
http://toyota.jp/recall
 
前のページ ページのトップへ 次のページ

©2003 TOYOTA MOTOR CORPORATION. All Rights Reserved