TOYOTA  
検索 GO!
トップページ
はじめに
環境側面
  2002年環境の取り組み
ハイライト
環境マネジメント
開発・設計
調達・生産・物流
リサイクル・流通
自動車周辺およびその他事業
環境教育・コミュニケーション
スペシャルストーリー
環境連結マネジメント
  連結EMSの主な対象会社
  2002年度の取り組み方針と結果
  トヨタによる連結EMS対象会社の支援
  連結EMS対象会社での取り組み
  環境改善事例のグローバル展開
  <グローバル環境データ>
  [環境取り組み事例]
豊精密工業株式会社
  [環境取り組み事例]
TMMK(米国・ケンタッキー州)
  [環境取り組み事例]
TDB(ブラジル)
  [環境取り組み事例]
TFR(フランス)
トヨタの環境関連の受賞実績
環境側面の継続的報告
環境年表
社会・経済側面
PDFダウンロード
 
連結環境マネジメント
2002年度の取り組み方針と結果
生産分野
 生産分野では、2000年度に、国内外で連結EMSを推進する体制が整いました。連結EMS対象各社は、それぞれの「環境取組プラン」で定めた年度目標達成に向けて取り組みを進めました。その結果、連結EMS対象会社全体のCO2や環境負荷物質の排出量、廃棄物発生量など着実に減少しています。
 特に2002年度は全世界の生産工場におけるリスクマネジメントの活動状況を初めて調査しました。その結果、法遵守の面では、環境基準値超えや、近隣住民の方から苦情をいただくケースが一部にありました。国内外149工場で環境基準値超えは*37件、苦情を*67件いただきました。これらはすでに対策が完了、または対策中です。今後再発防止を図るため、より厳しい自主管理の実施、TMCによる確認を2003年度に予定しています。

*2001年4月から2002年11月まで18カ月間での件数です。
 
販売分野
 海外での販売分野にとって、2002年度は「環境マネジメントシステム元年」ともいえる年でした。従来からの連結EMS対象会社26社が環境マネジメントシステムを導入し、年度プランを策定、本格的な運用を開始しました。また、中国、韓国、ロシア等6社が連結EMSの活動を開始しました。
 すでに、2005年度までの「環境取組プラン」の策定を終えている連結EMS対象会社では、同プランに基づき年度方針を策定し、目標達成に向け取り組みを進めました。
 
■2002年度取り組み方針と活動結果

※1 生産と販売の両方を行う生販一体の10社はどちらにも含まれています。
※2 詳細はこちら
(注)会社数には活動を開始していない新規参加企業を含みます。
 
前のページ ページのトップへ 次のページ

©2003 TOYOTA MOTOR CORPORATION. All Rights Reserved