TOYOTA  
検索 GO!
トップページ
はじめに
環境側面
  2002年環境の取り組み
ハイライト
環境マネジメント
開発・設計
調達・生産・物流
リサイクル・流通
自動車周辺およびその他事業
環境教育・コミュニケーション
スペシャルストーリー
環境連結マネジメント
  連結EMSの主な対象会社
  2002年度の取り組み方針と結果
  トヨタによる連結EMS対象会社の支援
  連結EMS対象会社での取り組み
  環境改善事例のグローバル展開
  <グローバル環境データ>
  [環境取り組み事例]
豊精密工業株式会社
  [環境取り組み事例]
TMMK(米国・ケンタッキー州)
  [環境取り組み事例]
TDB(ブラジル)
  [環境取り組み事例]
TFR(フランス)
トヨタの環境関連の受賞実績
環境側面の継続的報告
環境年表
社会・経済側面
PDFダウンロード
 
連結環境マネジメント
グローバル環境データ
CO2排出量・廃棄物※1で改善が進み、台あたりの原単位が向上しました。
 
[全世界]

・生産台数の増加と日野自動車の子会社化などにより、CO2総排出量は増加しました。
 
[TMC]
・トヨタ自動車(TMC)の日本にある工場が対象です。
 
[日本(除くTMC)]

・日野自動車の子会社化に伴い、日野ブランドが集計対象に加わりました。

※1:リサイクル量は含みません。
※2:国内29社は連結環境マネジメントの主な対象会社の表中にある1,2,3グループの会社です。
 
CO2排出量:改善事例の地域を超えた展開等により原単位は順調に低減しました。
廃棄物:地域の状況に応じ改善事例を応用、展開することにより国内連結会社で大幅な低減が得られました。
 
[北 米]

・生産台数は、'01年度に比べ25%増加しました。
 
[欧 州]

・生産台数は、'01年度に比べ150%と大幅に増加しました。
 
[アジア、豪州、中近東、南アフリカ、中南米]

・生産台数は、'01年度に比べ20%増加しました。

注1)中国の生産会社およびTMMPについては、2002年度は操業の立ち上がり又はその準備時期であるため上記データ集計から除いています。
注2)TDVは経済状況により生産に大きな変動があったためデータ集計対象外としました。
注3)海外のCO
2排出量は国内係数を引用し、エネルギー使用量より算出(CO2〔トン〕=エネルギー〔GJ〕×0.0767)
 
前のページ ページのトップへ 次のページ

©2003 TOYOTA MOTOR CORPORATION. All Rights Reserved