TOYOTA  
検索 GO!
トップページ
はじめに
環境側面
  2002年環境の取り組み
ハイライト
環境マネジメント
開発・設計
調達・生産・物流
リサイクル・流通
自動車周辺およびその他事業
環境教育・コミュニケーション
スペシャルストーリー
環境連結マネジメント
トヨタの環境関連の受賞実績
環境側面の継続的報告
環境年表
社会・経済側面
PDFダウンロード
 
環境年表
 
環境マネジメント 開発・設計 調達・生産・物流 リサイクル・流通
住宅・ITS・バイオ緑化事業 連結環境マネジメント 社会との連携
 
1971年 全豊田環境保全研究会を発足
1973年 廃棄物低減運動を開始
1978年 全豊田生産技術連絡会にエネルギー部会を設置
1984年 環境保全事前検討制度を制定
1987年 梱包・発送資材の減量取り組み開始
1989年 トリクロロエチレン使用を廃止
1990年 廃棄物低減活動の強化として「5R活動」の取り組みを開始
  コンテナ輸送の比重を高めはじめる
1991年 仕入先環境連絡会を発足
  特定フロンCFC-11使用を廃止
1992年 特定フロンCFC-113使用を廃止
  トヨタ独自の「廃棄物マニフェスト(管理票)」を導入
  特定フロン(CFC5種類)を生産工程で全廃
  モーダルシフトの一環として上郷(愛知)・博多(福岡)間の海陸複合輸送開始
1993年 「2000年度末までにCO2排出量を'90年レベルに安定化」する目標を設定
  トヨタ環境取り組みプランに基づく物流エネルギーの最小化を目標設定
1994年 PRTR制度に先がけ環境保全事前検討制度を改定
  海陸複合輸送の構築で「ロジスティクス大賞」受賞
1995年 「2000年度末までに廃棄物発生量を'90年レベルで75%低減、台あたりの廃材を30%低減」する目標を設定
  1.1.1.-トリクロロエタン使用を廃止
  モデル工場におけるISO14001体制整備着手
1996年 梱包・包装材の「2000年度までに'95年レベルの15%低減」を目標設定し、本格的に取り組み
  各事業所で廃棄物低減運動が本格化
  燃料電池ユニットと水素吸蔵合金ユニットを組み合せたFCEV(試作車)を発表
1997年 ジクロロメタン使用を廃止
  環境庁のPRTR制度パイロット事業(愛知県西三河地区)に参加
  車両組立工場のISO14001外部認証取得完了
  コ・ジェネレーションシステム導入
  アルミ保温炉のリジェネバーナー導入
1998年 エネルギー生産性・繧Iに、関連企業25社による「オールトヨタ地球温暖化防止会議」を発足
  鋳造ラインに低ホルムアルデヒドレジンを開発、導入を開始
  98年度内に国内全生産拠点でISO14001外部認証取得
1999年 取引先に「環境に関する調達ガイドライン」を提示
  環境負荷の少ない水性塗料の新塗装技術を開発し、高岡工場で導入開始
  各工場で地域に対するPRTR情報の開示をスタート
2000年 全工場・事業所で埋め立て廃棄物ゼロを達成
2001年 生産環境委員会の下部組織として生産環境物流委員会を設置
  土壌・地下水に関する環境保全の取組み(トリクロロエチレンの状況)のいついて公表
  モデル工場を設定し、焼却廃棄物ゼロに向けた取組みに着手
  省資源に向けたシナリオを策定
  サービスパーツ物流部でISO14001外部認証取得
2002年1月〜
2003年3月
グリーン購入100%達成
関係サプライヤーに欧州ELV指令の対応を要請
2002年度の焼却廃棄物、台当り水使用量を2005年目標3年前倒しで達成
 
前のページ ページのトップへ    

©2003 TOYOTA MOTOR CORPORATION. All Rights Reserved