TOYOTA  
検索 GO!
トップページ
はじめに
環境側面
  2002年環境の取り組み
ハイライト
環境マネジメント
開発・設計
調達・生産・物流
リサイクル・流通
自動車周辺およびその他事業
環境教育・コミュニケーション
スペシャルストーリー
環境連結マネジメント
トヨタの環境関連の受賞実績
環境側面の継続的報告
環境年表
社会・経済側面
PDFダウンロード
 
環境年表
 
環境マネジメント 開発・設計 調達・生産・物流 リサイクル・流通
住宅・ITS・バイオ緑化事業 連結環境マネジメント 社会との連携
 
1975年 本格的に住宅事業へ取り組み開始
  住宅事業部設置
1987年 春日井事業所 操業開始
1989年 栃木事業所 操業開始
1991年 山梨事業所 操業開始
1992年 住宅金融公庫融資「新省エネルギー基準適合住宅」対応の省エネルギー住宅発売
  バイオ緑化の研究本格化
1997年 建設省支援「環境共生住宅推進協議会」に参加
  高効率省エネルギー住宅発売「メレーゼプレミア」「メレーゼ」「シェーヌ」
  太陽光発電システムをオプション装備
  全館健康換気システム「ピュア24」標準装備
  内建材・接着剤の低ホルムアルデヒド化
1998年 増改築時の廃棄物低減や建築材の省資源化を進めた「シンセA・」を開発
  バイオ・緑化事業室を設置
  オーストラリアに合弁で植林会社を設立
1999年 ユニット系商品ブランドが「環境共生住宅」の認証を取得
  「トヨタバイオ・緑化研究所」を開設、本格的に稼働
  青森県に花卉栽培の合弁会社を設立
2000年 ソーラーシステム屋根一体型住宅「シンセ・レゾン」を完成、発売開始
  3事業所で埋立廃棄物ゼロ達成
  99年度に開始した西豪州での植林が416haまで拡大
2001年 省エネ効果のあるオール電化システムを組み込んだ「シンセシリーズ」の発売を開始
  「トヨタ住宅事業部門環境取組プラン」(2001〜2005年度)を策定し、取り組みを推進。
  バイオ・緑化事業部へ組織が昇格
  インドネシアでサツマイモを原料に家畜用資料と生分解性プラスチックを製造する新会社を合弁で設立
  屋上緑化の新会社「トヨタルーフガーデン(株)」を設立
2002年1月〜
2003年3月
「環境性能表示制度」5項目でトップランクの「シンセ・スマートステージ」を発売開始
四川トヨタ泥炭開発を2002年6月に設立し、2003年3月より操業開始。
2003年4月〜 2003年4月、次世代省エネ基準を標準とした「シンセ・レゾン」発売。
  トヨタバイオインドネシアの飼料加工工場が2003年5月より本格的に操業開始。
  バイオプラスチック生産実証プラントを日本国内の既存工場内に建設することを公表。
 
前のページ ページのトップへ    

©2003 TOYOTA MOTOR CORPORATION. All Rights Reserved