TOYOTA  
検索 GO!
トップページ
はじめに
環境側面
  2002年環境の取り組み
ハイライト
環境マネジメント
開発・設計
調達・生産・物流
リサイクル・流通
  「トヨタリサイクルビジョン」の策定
  開発・設計段階の取り組み
  生産段階の取り組み
  使用段階の取り組み
  廃棄段階の取り組み
  [リサイクル性向上に向けて]
新型「ラウム」の取り組み
  流通段階の取り組み
  [販売店組織の取り組み]
トヨタ自動車販売店協会
自動車周辺およびその他事業
環境教育・コミュニケーション
スペシャルストーリー
環境連結マネジメント
トヨタの環境関連の受賞実績
環境側面の継続的報告
環境年表
社会・経済側面
PDFダウンロード
 
リサイクル・流通[リサイクル]
 
生産段階の取り組み
工程内端材のリサイクル
 生産工程では、できるだけ端材を出さないよう、さまざまな工夫をしています。それでも発生してしまう端材については、分別回収してリサイクルしています。
 例えば、ドアやトランクの水漏れ防止用に使うウェザーストリップゴムの端材は、新原料と混ぜ、再び同材料に加工し製品化しています。3層表皮インストルメントパネルは端材を単一素材に分離し、一部をリサイクル材料として使っています。
 2002年度は、ウェザーストリップゴム340t、エアバッグ基布508t、3層表皮インストルメントパネル23tを再利用しました。
 
■新型「ラウム」に採用したリサイクルに配慮した材料
 
前のページ ページのトップへ 次のページ

©2003 TOYOTA MOTOR CORPORATION. All Rights Reserved