TOYOTA  
検索 GO!
トップページ
はじめに
環境側面
  2002年環境の取り組み
ハイライト
環境マネジメント
開発・設計
調達・生産・物流
リサイクル・流通
  「トヨタリサイクルビジョン」の策定
  開発・設計段階の取り組み
  生産段階の取り組み
  使用段階の取り組み
  廃棄段階の取り組み
  [リサイクル性向上に向けて]
新型「ラウム」の取り組み
  流通段階の取り組み
  [販売店組織の取り組み]
トヨタ自動車販売店協会
自動車周辺およびその他事業
環境教育・コミュニケーション
スペシャルストーリー
環境連結マネジメント
トヨタの環境関連の受賞実績
環境側面の継続的報告
環境年表
社会・経済側面
PDFダウンロード
 
リサイクル・流通[リサイクル]
 
使用段階の取り組み
中古部品の供給
 自動車部品のリユースを促進するため、全国の*部品共販店による*中古部品販売を継続して推進しました。2002年度は、販売点数2万9,000件でした。また中古部品の販売を促進するため、共販店向けに「中古パーツ販売マニュアル」を作成し、配布しました。
*部品共販店:トヨタ自動車と地元販売店の共同出資による自動車補修部品およびアクセサリー品の物流・販売会社。全国に33社。
*中古部品:洗浄・作動確認・品質チェックを行い、再使用する外装品と機能部品。
 
リビルト部品の供給
 関連メーカーと協力し*リビルト部品の供給を実施し、部品リユースに取り組んでいます。   ■リビルト部品と新品部品の供給実績概要(2002年度)

*リビルト部品:分解・洗浄した上で必要に応じ部品を交換するなどして、新品レベルの品質確認を行った部品。
 
廃バンパーの回収・リサイクル
 全国の販売店を通じた廃バンパーの回収・リサイクルを継続して推進しています。販売店等で修理・交換した後の廃バンパーは、再びバンパーその他自動車部品の原料に使われます。2002年度は約71万7,000本(全販売店発生量の75.7%)を回収・リサイクルしました。   ■廃バンパー回収・リサイクルの実績
 
鉛バランスウエイトの回収・リサイクル
 *鉛バランスウエイトの回収・リサイクルを本格的に開始しました。従来は、他の金属類と合わせリサイクル業者に処理を委託していました。しかし、鉛は単体でのリサイクルが行いやすいことから、より確実なリサイクル実施のため、鉛バランスウエイトだけを分別回収する仕組みをつくりました。
 販売店でのタイヤ交換時に鉛バランスウエイトを分別保管し、一定量になると、部品共販店に運びます。共販店は、各販売店から集められたバランスウエイトを一括してリサイクル業者に引き渡します。2002年度は、約49t(1個15g換算で約330万個)の鉛バランスウエイトを回収・リサイクルしました。

*鉛バランスウエイト:走行安定性向上を図るためにタイヤホイールにつける鉛のおもり
 
オイルの「バルク給油」を開始
 共販店から販売店へのエンジンオイルの供給に、「バルク給油」方式を採用しました。バルク給油は、タンクローリー車でオイルを運び、販売店設置のタンクに給油する方式です。従来はドラム缶に詰めて納品していたため、オイルが空になった後は、ドラム缶が廃棄物となっていました。
 2002年度には北海道と沖縄を除く全地域の共販店でバルク給油の体制が整い、2003年3月末現在、全オイル販売量の約50%をバルク給油に切り替えました。
 
オイルのバルク給油
 
前のページ ページのトップへ 次のページ

©2003 TOYOTA MOTOR CORPORATION. All Rights Reserved