TOYOTA  
検索 GO!
トップページ
はじめに
環境側面
社会・経済側面
  お客様
社会
取引先
従業員
株主
第三者意見書
PDFダウンロード
 
社会・経済側面編
 
 Respect for all People〜これは将来目指すべき企業像として、「2010年グローバルビジョン」で掲げたテーマの一つです。トヨタは真のグローバル企業として世界の人々や地域から愛される存在を目指し、あらゆるステークホルダーを重視した経営に取り組んでいます。お客様には良い商品の提供を、地域社会・グローバル社会へ対しては経済・社会の発展への貢献と環境・人権・雇用を尊重し、取引先にはビジネスチャンス、株主へは長期安定成長による株価向上、そして社員には働くことへの誇りと豊かな生活の実現をそれぞれもたらすことがトヨタの企業としての責任であり存在意義であると考えます。
 本章では、企業の社会・経済側面としてお客様、社会、地域、サプライヤー、販売店、従業員それぞれのステークホルダーとのかかわりの中で重要だと思われる項目につき、日本のトヨタ自動車株式会社単体としての取り組み、制度、基本的考え方をこれまでの経緯を含めて開示します。
 
「お客様第一主義」の考えを基に、お客様の声を大切にした、安全なクルマ・人にやさしいクルマづくり。
 
交通安全キャンペーンを始めとした、社会や地域に貢献する活動を積極的に推進。
 
約5,800店舗を持つトヨタ自動車国内販売店との関わりと、「オープン・ドア・ポリシー」に基づくサプライヤーとの関わりについて。
 
働きやすい職場づくりを第一とした、従業員の職場環境改善の取り組みについて。
 
トヨタ自動車の代表的な経済パフォーマンス指標。
 
Environmental & Social Report 2003に対する第三者意見書

©2003 TOYOTA MOTOR CORPORATION. All Rights Reserved