TOYOTA  
検索 GO!
トップページ
はじめに
環境側面
社会・経済側面
  お客様
社会
取引先
  国内販売店
  サプライヤー
従業員
株主
第三者意見書
PDFダウンロード
 
サプライヤー
 
サプライヤーとのかかわり
調達のミッション
 トヨタは、「自動車を通じた豊かな社会づくり」を目指しています。そして、「世界で最も魅力ある車を最も早く、タイムリーにお客様にお届けすること」により、社会に貢献していきたいと考えています。そのために、調達として果たすべきミッションは、「世界で最も良いものを、最も安く、最も早くタイムリーに、しかも長期安定的に調達すること」です。
 そして、そのことを確実に成し遂げるために、「世界No.1の調達基盤を構築すること」を目指しています。
 すなわち、魅力ある製品をトヨタとともにつくりあげていくサプライヤー=パートナーと世界各地で協力していくことが不可欠と考えています。
 
サプライヤーとの打ち合せ
 
トヨタ調達の基本方針
 第1は、「オープン・ドア・ポリシー」に基づく公正な競争です。トヨタとの取引を希望される国内外のサプライヤーに対して、国籍、企業規模、取引実績の有無を問わず、オープンで公正かつ公平な参入機会を提供しています。サプライヤーの選定にあたっては、品質、原価、技術、納期等の能力に加え、継続的な改善に取り組む経営姿勢、体制等を総合的に勘案しています。
 第2は、「サプライヤーとの相互信頼に基づく相互繁栄」です。トヨタは、長期的なビジョンの中で、サプライヤーと相互繁栄できる取引関係の確立を目指し活動しています。その基礎となる相互の信頼関係を築くため、サプライヤーとの密接なコミュニケーションの促進を図っています。その一例として、1998年3月、 愛知県の本社敷地内に「サプライヤーズセンター」を建設しました。同センターでは、大小のプレゼンテーションルームを数多く設け、取引の有無にかかわらず、幅広く国内外のサプライヤーから新製品、新技術を提案いただく場を提供しています。こうした場を通じて、国内外のサプライヤーとの一層のコミュニケーションの充実を図っています。
 また毎年、グローバル・サプライヤーズ・コンベンションを開催しています。2003年は、2月に約380社のサプライヤーが参加し、トヨタから調達方針の説明を行うとともに、品質、原価、技術開発等の優秀なサプライヤーの表彰を行いました。
 第3は、「良き企業市民を目指した現地化の推進」です。トヨタは、自動車産業の国際化が進展する中で、海外での車の需要に応えて現地生産を積極的に推進しています。この現地生産に当たっては、地元の企業として、地域の社会・経済に貢献できるよう、現地のサプライヤーからの調達を積極的に推進しています。
 
トヨタサプライヤーズセンター



プレゼンテーションルーム
 
サプライヤーと連携した環境取り組み
 第3次「トヨタ環境取組プラン」に基づいて、以下に取り組んでいます。
第3次「トヨタ環境取組プラン」についてはこちら

(1)国内外サプライヤーへの調達ガイドラインの提示と進捗フォロー(ISO14001外部認証取得の促進、環境負荷物質の管理とデータ提供)
(2)欧州ELV指令対応のための、国内外サプライヤーへの説明会、理解活動
(3)グリーン商品購入(オフィス用 品・機器、作業服等)の推進

上記取り組みの詳細はこちら
 

各国・地域の事業体で発行されたガイドライン
 
 
前のページ ページのトップへ 次のページ

©2003 TOYOTA MOTOR CORPORATION. All Rights Reserved