※ご注意※
報告書の内容をご覧いただくためには、
Adobe社のAcrobat Reader日本語版3.0以降が必要となります。
お持ちでないかたは、こちらでダウンロードしてください。


Get Acrobat Reader
Acrobat 及びAcrobat ロゴは、Adobe Systems Incorporated (アドビ システムズ 社)の商標です。

'98年度から全社環境方針を策定
環境取り組みの理念と方針
'98年度の方針と活動結果
理念・憲章・取り組みプラン
推進組織・体制の充実
環境マネジメントシステム監査
環境コスト
ISO14001
LCAの推進
教育・訓練・啓発

 

 

環境マネジメント全体 (372Kb)

環境6分野における'98年度の取り組み
 1.燃費の向上
 2.排出ガスの低減
 3.車外騒音の低減
 4.エアコンの省冷媒化
 5.環境負荷物質の低減
 6.リサイクル性の向上

クリーンエネルギー車の開発と普及活動
他社および他産業との協力・連携
'98年度[乗用車]新型車・モデルチェンジ車の主要環境データ
[開発成果]燃費クラストップのリッターカー、新世代「ヴィッツ」

 

 

開発・設計全体 (434Kb)

調達
全関係仕入先約450社に「環境に関する調達ガイドライン」を提示
「仕入先環境連絡会」でエネルギー改善活動を推進
生産
エネルギー生産性向上を軸とした地球温暖化防止活動
 1.低負荷ラインの集約
 2.「ヴィッツ」をはじめとした新ラインで少エネ・省エネを推進
 3.「オールトヨタ地球温暖化防止会議」を発足
廃棄物ゼロへの挑戦
 1.発生源からの徹底した廃棄物低減の取り組み
 2.「埋立廃棄物ゼロ」達成へのシナリオ展開
未然防止の徹底
 1.自主的なPRTRの工場別データ開示に向けて
 2.環境負荷物質の低減
[工場の取り組み1]堤工場
[工場の取り組み2]貞宝工場
[協力会社の取り組み](株)協豊製作所

 

 

調達・生産全体 (1.48Mb)

ふたつの視点から環境負荷低減活動
 1.輸送の合理化によるエネルギー低減や  環境汚染防止
 2.梱包・包装資材の仕様簡素化・リサイクル推進による廃棄物発生量の低減
物流拠点で環境マネジメントを推進 
[物流の取り組み1]上郷物流センター
[物流の取り組み2]かんばんケースのリサイクル

 

 

物流全体 (340Kb)

 

再資源化技術やシステム構築に大きな進展
未然防止の思想に基づく車両のリサイクル設計
'98年度新型車「ヴィッツ」のリサイクル設計の例
生産段階におけるリサイクル技術
流通段階におけるリサイクル活動の推進
販売店におけるリサイクル活動
使用済み自動車のリサイクル技術の開発
[販売会社の取り組み]埼玉トヨタ(株)

 

 

リサイクル全体 (706Kb)

海外向け「トヨタ環境取り組みプラン」の充実
[製品分野]各国の新規制制定などにも協力
        次期規制対応車を先行投入
[生産分野]海外生産事業体への継続的な支援
[リサイクル分野]各種活動への協力
[海外事業体1]TMMC(カナダ)
[海外事業体2]TMME(ベルギー)
[海外事業体3]國瑞汽車(台湾)

 

 

海外での取り組み全体 (489Kb)

研究開発から実用化段階へ

L&F事業
住宅事業
マリン事業
アグリバイオ・環境緑化事業
情報通信

 

 

自動車以外の事業全体 (862Kb)

コミュニケーション
社会貢献活動

 

 

コミュニケーション・社会貢献活動全体 (222Kb)

「スペシャルストーリー」
主要事業所・関連会社
工場・事業所別の環境データ一覧
 本社/元町/上郷/高岡/三好/堤/明知/下山
 衣浦/田原/貞宝/広瀬/春日井/栃木/山梨
 環境センター
トヨタ環境年表
継続的な取り組み
欧文略語
環境報告書に対する第三者意見書

*本報告書のデータ開示対象期間は'98年度('98年4月1日〜'99年3月31日)とし、その範囲は日本における自動車を中心とする事業活動です。発行が8月となったため、大きな進捗については、8月現在までの活動も記述しています。

*基本構成としては、まず「環境マネジメント」の章で環境管理の全体を語り、そのあとクルマのライフサイクルに沿って「開発・設計」「調達・生産」「物流」「リサイクル」の順に活動を報告しています。

*各章末尾の「開発成果」や「取り組み」、巻末の「スペシャルストーリー」は、'98年度の環境取り組みで、特に成果の大きかった特徴的事例やプロジェクトを紹介しています。

*トヨタの売上の94%は自動車によるものですが、「自動車以外の事業」の項目でも、環境影響に関わりのある5つの分野の活動を紹介しています。



TOYOTA Internet Drive ホームへ 環境報告書トップへ