TOYOTA カーアンドエコゲームめざせエコ博士! ハイブリッドカーゲームトヨタのクルマづくりがわかる 学習用小冊子プレゼント!
クルマこどもサイト
しつもんコーナー
保護者の方へ
  トヨタ自動車ってどんな会社?
クルマはどうやってつくるの?

新しいクルマの研究・開発
企画
デザイン・せっけい・しさく
いろいろなテスト
生産・販売
〜はじめに〜
プレス
ようせつ
とそう
エンジン・足まわり部品を作る
協力会社
組み立て
けんさ
輸送
販売
生産のようすをムービーでみる
すべてアニメーションでみる
働く人の声
環境にやさしいクルマづくり
人にやさしいクルマづくり
クルマこどもサイトトップへ
クルマはどうやってつくるの?
生産・販売
協力会社
多くの会社の協力からクルマはできます
クルマは、世界中にある会社の協力でできているんだよ。
1台のクルマは、小さなネジまで入れて数えると、約3万個(こ)もの部品からできています。これらの部品は、トヨタ自動車の工場だけでなく、世界中にある協力会社でつくられています。協力会社では、専門の知識をいかして部品の開発や改良に取り組んでいます。
協力会社から運ばれてきた部品
部品は、どんなしくみで運ばれてくるの?
トヨタ自動車(組み立て工場)と、部品工場(協力会社)は、「かんばん」を使って、クルマを生産するはやさに合わせて、必要な部品を必要なだけつくり、決められた時間にとどくようなしくみをつくっています。これを「ジャスト・イン・タイム」といいます。自動車工場の生産ラインが、まるで部品工場までつづいているような、ムダのないしくみです。

部品を
つくる
工場

自動車工場
「かんばん」とは?
部品箱についている紙を「かんばん」といいます。「かんばん」には、「引取(ひきと)りかんばん」と「仕掛(しか)けかんばん」の2種類があり、部品の種類・数などが書いてあります。
かんばんの流れ
このしくみの良いところは?
組み立て工場は、部品を使った分だけ注文するので、部品を置くスペースのムダがなくなります。部品工場は、必要なだけ部品を生産するので、つくり過(す)ぎのムダがなくなります。
ページのいちばん上へ