• 1台のクルマはいくつの部品からできているの?

1台のクルマは、小さなネジまで数えると約3万個の部品からできています。これらの部品は、トヨタでつくるものもありますが、たくさんの協力会社でも分担してつくられています。約3万個の部品は、それぞれ原料もちがえばつくり方もちがいます。より良い部品をつくるためには、いろいろな研究開発をしなければなりません。それぞれ専門の会社で部品をつくることによって、高品質な部品ができあがるのですよ。例をあげると、シート、タイヤ、ハンドル、ガラス、ヘッドランプ、メーターなどが協力会社でつくられています。

これらの部品は、必要な時に必要なだけつくるしくみになっています。部品箱には「かんばん」とよばれるカードがついていて、これには、必要な部品の種類・数などが記入してあります。これを使って、部品工場はつくり過ぎのムダがなくなり、組み立て工場は使わない部品を置くスペースのムダがなくなるんですよ。

ただ今お答えしたように、クルマ1台つくるのに約3万点の部品が必要となります。トヨタではお客様にご注文いただいてから、そのとおりにつくっていますので、1台、1台ちがいます。クルマに取りつける部品も、それぞれちがうのですよ。ですから、クルマによって使われる部品もちがいますので値段もそれぞれちがうのですよ。

(c) TOYOTA MOTOR CORPORATION. All Rights Reserved.