TOYOTA
トヨタ コレオグラフィーアワード2006
  主 旨
2001年、「次代を担う振付家の発掘・育成」を目的に、トヨタ自動車株式会社と世田谷パブリックシアターの提携事業として設立されました。日本を拠点とする振付家に着目し、国内での舞踊の振興に貢献するとともに、振付家の国際的な飛躍を促進することをめざします。
  審査行程
  ネクステージ(最終審査会)
日程 2006年7月29日(土)・30日(日)
会場 世田谷パブリックシアター
  賞
《次代を担う振付家賞》 1名
   
副賞200万円 次年度受賞者公演における作品製作費の一部として贈呈
SePTステージサポート 次年度受賞者公演の場を提供
SePTダンスフリーパス 世田谷パブリックシアターが主催・提携するダンス公演への招待(受賞より1年間)
TOYOTA海外サポート総額100万円 海外公演の渡航費・運搬費として提供(受賞より2年以内)
《オーディエンス賞》 2名 観客からの投票により各日1名選出
 
SePTダンスフリーパス 世田谷パブリックシアターが主催・提携するダンス公演への招待(受賞より1年間)
  ファイナリスト
選出された8名のファイナリストは、ネクステージ(最終審査会)において作品を上演。
審査委員により「次代を担う振付家賞」を決定いたします。

★ 2006年よりファイナリストに選出された8名には以下のサポートが提供されます。
SePTダンスフリーパス
世田谷パブリックシアターが主催・提携するダンス公演への招待(ネクステージより1年間)
トヨタ創造空間プロジェクト
トヨタ自動車東京本社体育館を稽古場として提供(ネクステージより1年間)
  ネクステージ審査委員
Janet Archer (ジャネット・アーチャー) ダンスシティ ニューカッスル ディレクター
英国王立ウェールズ音楽大学、ランバートアカデミー等で演劇・ダンスを学び、フリーのダンサー/振付家として活動の後、1986年Nexus Danceを結成。’91年国立のダンスセンターであるダンスシティのディレクターに就任。以来、地域とダンスを結ぶ社会再生プロジェクトや自国のダンスカンパニーを海外に紹介するBritish Dance: Editions等を手がけ、’05年秋、同センターの新施設をオープンさせる。英国王立人文科学協会フェローメンバー、国立ダンス機関協会(ANDA)等の組織・団体の理事を務める。
Dance City Newcastlehttp://www.dancecity.co.uk
石井 達朗 (いしい・たつろう) 舞踊評論家
州立ハワイ大学講師、私立ニューヨーク大学大学院演劇科・同大学院パフォーマンス研究科研究員などを経て慶応大学教授。専門は舞踊および身体文化。関心領域として、舞踊、サーカス、演劇、アジアのシャーマニズムと伝統芸能、セクシュアリティ・ジェンダーの視点から見る身体文化。2002年カイロ国際実験演劇祭審査員。’01〜’04年朝日舞台芸術賞選考委員。’05年韓国国立劇場における舞踏フェスティバル実行委員長。著書に『男装論』『異装のセクシュアリティ』『アジア、旅と身体のコスモス』『アクロバットとダンス』『サーカスのフィルモロジー』他。
鴻 英良 (おおとり・ひでなが) 演劇批評家
1948年、静岡県弁天島生まれ。’02年〜’04年国際演劇祭ラオコオン(カンプナーゲル、ハンブルグ)の芸術監督を務める。ウォーカー・アート・センター(ミネアポリス)グローバル委員、カイロ国際実験演劇祭の審査員などを歴任。「舞台芸術」など演劇雑誌の編集も手がける。著書に、『二十世紀劇場―歴史としての芸術と世界』、訳書に、タデウ シュ・カントール『芸術家よ、くたばれ!』、アンドレイ・タルコフスキー『映像のポエジア:刻印された時間』など。現在、イリヤ・カバコフの〈美術論的〉自伝を翻訳中(みすず書房より’06年刊行)。
塩谷 陽子 (しおや・ようこ) ジャパン・ソサエティー 舞台公演部部長
東京芸術大学音楽学部楽理科卒。1988年の渡米を機に、朝日、産経、AERA等に執筆を開始。他、日本の財団・ 企業・地方行政局等に向けて米国の芸術支援に関する調査研究を行う。’97年よりジャパン・ソサエティー(NY)舞台公演部に勤務。全米ツアー、日米振付家交換レジデンシー、米国アーティストへの新作委嘱等、新規事業を数々立ち上げた後、’03年より現職。’04年よりNYベッシー賞審査員。著書に『ニューヨーク:芸術家と共存する街』(’98)など。現在、朝日夕刊に『Around the World』に舞台芸術の論評を執筆。
Japan Societyhttp://www.japansociety.org
Diane Boucher (ディアンヌ・ブッシェ) オー ベルティゴ クリエーションセンター ディレクター
1982〜’89年モントリオール現代美術館での映像、音楽、ダンスや演劇による複合プログラムの企画プロデュースを手掛け、’83年共同創設者としてヌーベルダンス国際フェスティバル(FIND)を創設。副委員長及びプログラム委員を務め、’89〜’02年アソシエイトディレクターを兼任。’03年以降はカンパニーやプレゼンター、国際フェスティバル等のコンサルタントを務め、’05年現職に就任。カナダ・ケベックをはじめ国内外の振付家作品の紹介に務め、世界的なネットワークと組織との協力関係をもとに、国際共同製作等を行っている。
0 Vertigohttp://www.overtigo.com
  ファイナリスト選考委員
大谷 燠 (おおたに・いく) DANCE BOX エグゼクティブディレクター
岡崎 松恵 (おかざき・まつえ) BankART 1929 館長
楫屋 一之(かじや・かずゆき) 世田谷パブリックシアター プロデューサー
後藤 美紀子 (ごとう・みきこ) 舞台制作/芸術分野海外研修サポートプロジェクト
桜井 圭介 (さくらい・けいすけ) コンポーザー/「吾妻橋ダンスクロッシング」オーガナイザー
紫牟田 伸子 (しむた・のぶこ) (株)日本デザインセンター プロデュース室チーフプロデューサー
堤 広志 (つつみ・ひろし) 編集者/演劇・舞踊ジャーナリスト
  TOYOTA CHOREOGRAPHY AWARD 2006 募集要項
※本要項はトヨタ コレオグラフィーアワード事務局が定め実施いたします。
募集期間
2005年11月18日(金)〜2006年1月20日(金) ※当日消印有効
応募資格
日本国籍を有するか、日本に在住もしくは活動の拠点を置いている振付家で、日本で自身の振付作品を発表した経験のある人。
「次代を担う振付家賞」を受賞した場合、2007年度内に受賞者公演(シアタートラムまたは世田谷パブリックシアター)にて作品を発表できること。
ダンスのジャンルは問いません。
応募作品
応募作品のテーマに制限はありません。
応募者自身による2002年以降に製作・発表した振付作品を対象とします。
応募者1人につき1作品とさせていただきます。
また、ソロ、デュオ、グループなど、作品の形態は問いません。
なお、ネクステージ(最終審査会)では応募作品、もしくは、それをリメークした作品を上演していただきます。
※応募にあたっては「ネクステージ舞台基本情報」をご確認ください。
応募方法・提出書類
所定の応募用紙(コピー可)に必要事項をご記入の上、応募作品を収録したビデオテープとともに募集期間内にご提出ください。
A4サイズの用紙2枚まで資料の添付ができます。
その他の用紙での応募、ファックスでの提出は受付できません。
 応募用紙(PDF)
※PDFファイルをご覧いただくには、Acrobat Readerが必要です。Acrobat Readerのダウンロードはこちらから。
作品ビデオ:
プロモーション用に編集されたものではなく、作品全編が収録されたものとしてください。
応募する振付家名・作品名・作品収録時間を明記してください。
ご提出いただいたビデオ・資料はご返却いたしませんので、ご了承ください。
※選考結果は、2006年3月下旬頃書面にて通知いたします。
  ネクステージ舞台基本情報
(応募前に必ずご確認ください)
ネクステージでは、応募作品を15〜30分以内で上演していただきます。
基本舞台:間口=6間(約10.9m)、奥行=5.17間(約9.4m)、高さ=約7m
バック幕=ホリゾント幕または大黒幕、袖=黒袖4対、床面=黒リノリウム
ネクステージ全体に関わる進行及びテクニカルスタッフについては、主催者が手配します。
照明・音響機材は世田谷パブリックシアターの基本備品を使用します。
舞台装置について
前後の作品との舞台転換のため、各々10分程度で設営・撤去することを前提としていただきます。
火気や水等の使用及び白塗り等汚れの残るもの、設定・撤去が困難な装置については、内容によって使用出来ない場合があります。
振付家にご用意いただくもの
作品の照明・音響オペレーター
映像・特殊装置を使用の場合の仕込み・操作スタッフ
作品で使用する舞台装置等
劇場備品にない機材
劇場の情報は、世田谷パブリックシアターのホームページでご覧いただけます。
 http://www.setagaya-ac.or.jp/sept/
応募・お問い合わせ: トヨタ コレオグラフィーアワード事務局
〒160-0023 東京都新宿区西新宿4-32-4-506 TEL&FAX:03-3373-1166
e-mail : t-award@abox9.so-net.ne.jp
閉じる
(c) TOYOTA MOTOR CORPORATION. All Rights Reserved.