TOYOTA

トヨタ コレオグラフィーアワード2010

パンフレット
〜次代を担う振付家の発掘〜トヨタ コレオグラフィーアワード 2008 Nextage“ネクステージ”(最終審査会)
【最終審査会】6月28日(土)13:30開場/14:00開演【授賞式・受賞者公演】6月29日(日)14:30開場/15:00開演 会場:世田谷パブリックシアター

『トヨタ コレオグラフィーアワード』は、ジャンルやキャリアを越えたオリジナリティ溢れる次代のダンスを対象とし、その作品を創り出す振付家のステップアップをサポートします。

“NEXTAGE” ─ここから始まる振付家のさらなる活躍に期待します。

“ネクステージ”(最終審査会)では、229名(組)の応募の中からファイナリスト選考会(映像・書類選考)を経て選出された6名(組)のファイナリストが、振付作品を上演。審査委員・ゲスト審査委員の投票により「次代を担う振付家賞」1名、観客投票により「オーディエンス賞」1名を決定いたします。

主 旨

このアワードは、芸術・文化の分野において、次世代を担う人材の育成をめざすことを目的に、2001年トヨタ自動車株式会社と世田谷パブリックシアターとの提携事業として設立、本年で6回目を迎えます。国内での舞踊の振興をめざし、日本を拠点とする振付家に着目、振付家の活動の場を広げていくことを支援します。

審査行程

審査行程

ネクステージ詳細 (上演日時&会場&スタッフ)

上演日時

2010年7月19日(月・祝) 14:30開場/15:00開演
  1. 石川 勇太
  2. 神村 恵
  3. ストウ ミキコ・外山 晴菜
  4. 田畑 真希
  5. キミホ ハルバート
  6. 古家 優里
(五十音順)

※上演順未定

※7月19日全作品上演後、審査委員・ゲスト審査委員の投票により[次代を担う振付家賞]1名、観客投票により[オーディエンス賞]1名を決定。授賞式を行います。

会場

世田谷パブリックシアター
http://setagaya-pt.jp/
〒154-0004 東京都世田谷区太子堂4-1-1 キャロットタワー3F
TEL : 03-5432-1526
三軒茶屋駅[東急田園都市線(渋谷より2駅・5分)・世田谷線]直結

スタッフ

舞台監督
原口佳子
照  明
関口裕二(balance, inc. DESIGN)
音  響
牛川紀政
映像記録
水内宏之(リムーブイメージ)
宣伝美術
太田博久(golzopocci)
制作協力
ハイウッド

【次代を担う振付家賞】 1名

2011年度、東京での受賞者公演・金沢でのレジデンシープログラムをサポート
   -  協賛金200万円(トヨタ自動車株式会社)►作品製作費の一部を支援
   -  世田谷ステージサポート(世田谷パブリックシアター)►公演会場としてシアタートラムを提供
   -  金沢21世紀美術館レジデンシープログラム►作品創作のための施設(稽古場・宿泊施設など)を提供
世田谷ダンスパス►世田谷パブリックシアターが主催・提携するダンス公演への招待(受賞より2年間)

【オーディエンス賞】 1名   観客の投票により選出

世田谷ダンスパス►世田谷パブリックシアターが主催・提携するダンス公演への招待(受賞より2年間)

ファイナリストへのサポート

賞金10万円
世田谷ダンスパス►世田谷パブリックシアターが主催するダンス公演への招待(ネクステージより2年間)
トヨタ創造空間プロジェクト►トヨタ自動車東京本社体育館を稽古場として提供(ネクステージより1年間)

ファイナリスト  (五十音順)

「Dust Park」
Dust Park
石川 勇太
Yuta ISHIKAWA
PHOTO:Zhang Jingna
東京都出身。《青年団》などの作品に役者として活動後、コンテンポラリーダンスを木佐貫邦子に師事。《Noism05〜06》に所属、『NINA』、同作品の北南米・モスクワツアー、『sense-datum』、『PLAY 2 PLAY』等をはじめ、《珍しいキノコ舞踊団》『珍しいキノコ大図鑑』等に出演。2004年より《e.g.MILK》を主宰。これまでに『opaqueness-ふ と 透明-』、『ひとさじ』、『Time difference』等を発表。現在、フランス・トゥールーズ振付センター(CDC)に在籍。他にサミュエル・マチュー、クリスチャン・リゾーと活動を共に行っている。
http://yutaishikawa.com
PHOTO:Kousuke Arai 「Time difference」
「配置と森」
Placement and Forest
神村 恵
Megumi KAMIMURA
PHOTO:Ujin Matsuo
(提供:Super Deluxe)
幼少よりバレエを学ぶ。2000年よりオランダ・ロッテルダムダンスアカデミーにて1年間学ぶ。04年よりソロ活動を始め、国内外の様々なスペースで作品を上演。06年9月《神村恵カンパニー》を立ち上げ、以来継続的に公演を行う。08年12月STスポット横浜にて『配置と森』発表。09年12月スーパーデラックスにて『配置と森』再演。カンパニー、ソロともに、空間に対する独特なアプローチと生々しく浮き彫りにされる身体性が注目を集めている。また、08年より《実験ユニット》のメンバーとしても活動している。
http://www.kamimuramegumi.info/
PHOTO:Ujin Matsuo 「配置と森」 (提供:Super Deluxe)
「オレノグラフィー」
Orenography
ストウ ミキコ・外山 晴菜
Mikico SUTO, Haruna TOYAMA
 
2007年5月ムーヴメント的ダンスカンパニー《キリコラージュ》設立。 [ASOBU×TSUKURU×ODORU]という独自のスタイルで作品をつくる。「ひとり」は面白い、「ひとと」はもっと面白い。と実感! CM・映画や舞台の振付にも携わるなど、柔軟で自由な活動を展開している。(財)地域創造・公共ホール現代ダンス活性化事業登録アーティスト、川崎市アートセンター クリエーションサポートアーティスト。
http://kiricollage.com/
PHOTO:Paulo Fukuchi 「それでつくります。」
「ドラマチック、の回」
The Dramatic...
田畑 真希
Maki TABATA
PHOTO:Le Rayon Vert
3歳からクラシックバレエを始める。思春期の頃きっぱりとバレエを止めたものの、紆余曲折を経て再び踊り始める。《Co. 山田うん》、《伊藤キム+輝く未来》、《レニ・バッソ》、杏奈等の作品にダンサーとして国内外の舞台に出演。2007年よりグループ作品を創り始め、09年横浜ダンスコレクションRにて、未来に羽ばたく横浜賞とマスダンザ賞を受賞。自身の主宰するダンスユニット《タバマ企画》を立ち上げ、10年2月アゴラ劇場冬のサミットにて新作『リバーシブル』を発表。7月にはシンガポールのESPLANADEに招聘される。
PHOTO:Kazuyuki Matsumoto 「リバーシブル」
「White Fields」
White Fields
キミホ ハルバート
Kimiho HULBERT
PHOTO:Yusuke Masuda
5歳よりバレエを始める。日本、ベルギー、アメリカでバレエダンサーとしての経験を積み、1997年帰国後は、《新国立劇場バレエ団》等でソリストとして活躍する一方、振付活動を開始。01年《ユニット・キミホ》結成、これまでに『Garden of Visions』、『AGUA』、『White Fields』等を上演。グループ活動の他、日本バレエ協会公演、日韓ダンスコンタクト、横浜ダンスコレクションRやフランス、ベルギー、韓国等で作品を上演。堤幸彦監督映画『溺れる魚』、新国立劇場オペラ『軍人たち』、CM、演劇等に振付家として参加するなど、活動のフィールドを広げている。
http://blog.kimiho.com/
PHOTO:Yusuke Masuda 「White Fields」
「キャッチ マイ ビーム」
catch my BEAM
古家 優里
Yuuri FURUIE
PHOTO:Remi Takei
《プロジェクト大山》主宰。大学時代、濃厚なダンス漬けの日々を共にした仲間たちにより結成。2007年「JCDN踊りに行くぜ!! Vol.8」に参戦。08年トヨタコレオグラフィーアワードのセカンドステージに残り、そして落ちた。09年横浜ダンスコレクションRにて審査員賞受賞。中田ヤスタカプロデュースMEG『SKIN』PV出演、振付など。
http://projectohyama.jugem.jp
PHOTO:Naoki Takeda 「てまえ悶絶」

審査委員(敬称略 五十音順)

今尾 博之 (いまお ひろゆき)   いわき芸術文化交流館アリオス プロデューサー

愛知県刈谷市出身。1998年から07年まで(財)つくば都市振興財団に勤務。つくばカピオホールを中心とした演劇・ダンスの企画を担当する。07年よりいわき芸術文化交流館アリオスの開館準備スタッフとして福島県いわき市へと移籍。08年の開館より、ダンスおよび演劇の様々な企画を手がける。いわきを東北の舞台芸術の拠点とすべく、公演事業のほか、普及事業にも力を入れている。
http://iwaki-alios.jp

小倉 由佳子 (おぐら ゆかこ)   舞台制作/アイホール ディレクター

1976年生まれ。神戸女学院大学卒業。01年から06年6月まで、アイホール(兵庫県伊丹市立演劇ホール)ダンス担当者として勤務。退職後、フリーの舞台制作者として、ダンスを中心に、演劇、音楽も含め、さまざまな公演、イベントに関わる。08年4月より、アイホール ディレクターとなり、同劇場の主にダンスプログラムの公演、ワークショップを企画制作している。
http://www.aihall.com/

小野 晋司 (おの しんじ)   青山劇場・青山円形劇場 プロデューサー

青森県生まれ。立教大学卒業。ダンス、音楽の公演やワークショップ、共同制作、フェスティバル等の制作に携わり、国内外の劇場やフェスティバルとのネットワークを進める。「ダンストリエンナーレ トーキョー」(2002〜)、「TOKYO DANCE TODAY」シリーズ(2008〜)、「DANCE-X Montreal-Seoul-Tokyo」(2008〜)、「日韓ダンスコンタクト」(2003〜07)等のプロデュースを行う。
http://www.aoyama.org

楫屋 一之 (かじや かずゆき)   世田谷パブリックシアター 劇場部長

兵庫県生まれ。日本大学芸術学部映画学科卒。1970年代中頃より実験的な演劇活動を開始する。83年からNOISE(如月小春代表)のプロデューサーとなり、公演、ワークショップ等全ての事業をプロデュースする。97年より世田谷パブリックシアターのプロデューサーとなり演劇、パフォーマンス、コンテンポラリーダンス等の制作を担当、99年より同劇場のダンスプログラムの企画・プロデュースを行なう。10年4月より現職。
http://setagaya-pt.jp

唐津 絵理 (からつ えり)   愛知芸術文化センター主任学芸員/あいちトリエンナーレ2010キュレーター

熊本県出身。お茶の水女子大学大学院人文科学研究所修了。身体表現を学び、大学時より舞台活動を行う。1992年より愛知県文化情報センターにて、多数のダンス公演やプロジェクトを企画・プロデュース。著書に『身体の知性』等。大学講師や新聞等への執筆、レクチャー等、舞台芸術普及のための多彩な活動を行う。07〜09年文化庁文化審議会文化政策部会委員。あいちトリエンナーレ2010では、パフォーミングアーツ部門のキュレーターを務める。
http://www.aac.pref.aichi.jp/      (あいちトリエンナーレ2010)http://aichitriennale.jp/

近藤 恭代 (こんどう やすよ)   金沢21世紀美術館 チーフプログラムコーディネーター

クラシック、邦楽、現代音楽の公演や、美術、ダンスとのコラボレーションなどの制作を経験。1996〜00年神奈川県立音楽堂の音楽プロデューサーを得て、フリーランスとして芸術全般に関係するイベントのコーディネートに携わる。04年4月より金沢21世紀美術館チーフプログラムコーディネーターとして美術館のパフォーミングアーツ部門を担当、現代を視点に置いたイベントや市民参画型プログラムを展開中。カリフォルニア大学サンディエゴ校卒。
http://www.kanazawa21.jp

藤田 直義 (ふじた なおよし)   高知県立美術館 館長

銀行に勤務しながら自主上映活動を約15年間行う。1994年高知県立美術館にアートコーディネーターとして着任。96年より高知県文化財団企画課長兼務。399席の美術館ホールや中庭、エントランスを使った、200以上の映画、演劇、ダンス、コンサートを企画・実施。映画『ちんなねえ』、ビデオ『和紙の身体』、CD『水辺の情景』制作。06年4月より副館長、07年4月館長に就任。
http://www.kochi-bunkazaidan.or.jp/~museum/

ゲスト審査委員(敬称略 五十音順)

白井 晃 (しらい あきら)   演出家・俳優
早稲田大学卒。演劇研究会メンバーと創設した劇団《遊◎機械/全自動シアター》を主宰(83〜02年)。独自の美学で描く詩情溢れる舞台で好評を博す。演出家として独立後は、ストレートプレイからオペラの演出まで幅広く手掛ける。また俳優としても舞台、映像で活躍中。近年の演出作品に『三文オペラ』、『中国の不思議な役人』、『リア』など。出演作品に『オケピ!』(三谷幸喜作・演出)、『アンデルセン・プロジェクト』(ロベール・ルパージュ作・演出)、『桜姫』(長塚圭史作・串田和美演出)など。02年・03年読売演劇大賞優秀演出家賞受賞。また、05年演出の『偶然の音楽』にて平成17年度湯浅芳子賞(脚本部門)受賞。
http://www.recon-office.co.jp/

束芋 (たばいも)   現代美術家
photo:稲垣尚志
アニメーションを使ったインスタレーションで知られる。【主なグループ展】「横浜トリエンナーレ2001-メガ・ウェイブ 新たな総合に向けて」(横浜/2001)、「第52回ヴェネツィア・ビエンナーレ」(ヴェネツィア/2007)。【主な個展】『boundary layer』(ロンドン・パラソルユニット/2010)、『emerge as』(シンガポール・タイラー・プリント・インスティテュー/2010)、『束芋:断面の世代』(横浜美術館/2009)『ヨロヨロン 束芋』(東京・原美術館/2006)、『TABAIMO』(パリ・カルティエ現代美術財団/2006)。【主な受賞歴】五島記念文化賞美術新人賞(2002)、公益信託タカシマヤ文化基金タカシマヤ美術賞(2009)。『束芋:断面の世代』展は本年7月大阪国立国際美術館へ巡回。
原田 敬子 (はらだ けいこ)   作曲家
photo:川上尚見
日本音楽コンクール第1位、芥川作曲賞、中島健蔵賞、尾高賞などを受賞。国際交流基金、ACCほか多数の助成を受け世界各地で活動。個展は国内他、ゲヴァントハウス、ASIAGO国際音楽祭(伊)、ICTUS、ドイツ放送局などで開催。NHK交響楽団、読売日本交響楽団、いずみシンフォニエッタ大阪ほか、海外の団体や国際音楽祭、また演奏家の指名による委嘱多数。近年は異分野との創作を活発に行い、いけばな、ダンス、演劇の他、吉田喜重監督の映画『鏡の女たち』(カンヌ国際映画祭特別招待作品)を作曲。作品集CDはベルギー CYPRES社、フォンテック社よりリリース、楽譜は EDITION WUNN(独)、全音出版社より出版されている。桐朋学園大学、東京音楽大学、静岡音楽館講師。
http://www.tokyo-concerts.co.jp

古川 日出男 (ふるかわ ひでお)   作家
photo:カキモトジュンコ
1998年『13』でデビューし、02年『アラビアの夜の種族』で日本推理作家協会賞と日本SF大賞という二つのジャンル小説の賞を獲得。06年には『LOVE』で三島由紀夫賞という純文学の賞を得る。その他の著書に『ベルカ、吠えないのか?』、『聖家族』等。文学の音声化にも積極的に取り組み、07年には文芸誌「新潮」にて日本の商業文芸誌では初となる朗読CDを付録につけた。異ジャンルとのコラボレーションも多数試み、ロック・ミュージシャンの向井秀徳(ZAZEN BOYS)らと共演。09年にはBATIKの黒田育世との共同製作となる舞台『ブ、ブルー』を川崎市アートセンターにて上演した。
http://mag.kawade.co.jp/4444/

チケット情報

料金 [全席指定]

A席 [1F,2F] ・・・3,000円
B席 [3F] ・・・2,500円

※未就学児童のご入場はお断りさせていただきます。

※当日券の販売については、事前にお問い合わせください。

託児サービスのご案内

定員あり・要予約  料金 : 2,000円
対象 : 生後6ヶ月以上9歳未満 (障害のあるお子さまについてはご相談ください。)
お申込 : ご利用希望日の3日前の正午まで  TEL 03-5432-1530

車椅子スペースのご案内

定員あり・要予約  料金 : A席料金の10%割引 (付添者は1名まで無料)
お申込 : ご利用希望日の前日までに、劇場チケットセンター  TEL 03-5432-1515  [10:00〜19:00]

前売開始日

2010年5月25日(火)10:00〜

チケット取扱

劇場チケットセンター

 
TEL : 03-5432-1515  [10:00〜19:00]
http://setagaya-pt.jp(PC)
http://setagaya-pt.jp/m/(携帯)
チケットぴあ

 
TEL : 0570-02-9999 (Pコード : 404-391)
TEL : 0570-02-9988 (オペレーター対応)
http://pia.jp/t/ (PC・携帯)
e+ (イープラス)
http://eplus.jp (PC・携帯)
ハイウッド
TEL : 03-3320-7217 [平日 13:00〜19:00/5/25(火)のみ10:00〜]
トヨタコレオグラフィーアワード事務局
TEL : 03-3373-1166 [平日 13:00〜19:00/5/25(火)のみ10:00〜]

※事務局、ハイウッドでのお申し込み:
ご予約後、1週間以内にチケット代金と送付手数料(100円)を下記いずれかの口座にお振込みください。
ご入金を確認後、チケットを郵送いたします。

振込先 : (口座番号) 郵便振替 : 00160-3-162681
    銀行振込 : 三菱東京UFJ銀行 新宿西支店 普通口座 1793301
  (口座名称) トヨタコレオグラフィーアワード事務局

お問い合わせ

トヨタコレオグラフィーアワード事務局
〒160-0023  東京都新宿区西新宿4-34-18-213
TEL&FAX : 03-3373-1166  E-mail : t-award@abox9.so-net.ne.jp

閉じる
(c) TOYOTA MOTOR CORPORATION. All Rights Reserved.