TOYOTA
プロフィール
管弦楽:徳島交響楽団
1971年2月、徳島市民管弦楽団として発足。翌年1月に第1回定期演奏会(指揮:渡邉暁雄・小笠原洋三)を開催。以後、毎年の定期演奏会を中心に県芸術祭県民コンサート、鳴門ベートーベン第九交響曲演奏会、ニューイヤーコンサート等多彩なコンサート活動を続けている。また、1982年には名称を徳島交響楽団と改称し、現在、会員数200名(後援会員を含む)となる。音楽を愛する県民の情熱にささえられ、サラリーマンあり自営業あり、学生や専業主婦も含め、様々な顔を持つ徳島交響楽団のメンバーは、みな地域に深く根をおろした音楽文化活動の担い手として活動している。(1991年地域文化功労者文部大臣表彰受賞)
指揮:佐藤 功太郎

東京芸術大学指揮科で、故渡邉暁雄氏に師事。群馬交響楽団常任指揮者、京都市交響楽団指揮者、新星日本交響楽団首席指揮者、神奈川フィルハーモニー管弦楽団首席指揮者等を歴任。国内外のオーケストラと活発にコンサートを行う。オペラに造詣が深く、オペラ指揮者としても大変高い評価を受けている。現在、東京芸術大学指揮科教授。
演出:大島 尚志

中央大学文学部哲学科卒業。故・粟國安彦氏に師事。「モーツァルト・オペラ全曲シリーズ」「月の夜の物語」「ヴェルディ・オペラシリーズ」等を演出。2002年、新作オペラ「聖徳太子」の作・台本・演出、2003年8月「元禄のトラヴィアータ」、2004年9月「大正時代のボエーム」の演出を担当し好評を博す。東京音楽大学講師。桐朋学園大学講師。
ヴィオレッタ:塩田 美奈子

国立音楽大学卒業。同大学院オペラ科首席修了。イタリア声楽コンコルソ第1位、シエナ大賞受賞。二期会公演「椿姫」のタイトルロールでオペラデビューし、「白墨の輪」「忠臣蔵」など数多くの作品に出演。スペイン舞踊を取り入れた斬新な演出で「カルメン」を初演し好評を博す。今、最も輝いている注目の“オペラ女優”。
アルフレード:吉田 浩之

国立音楽大学声楽科卒業。東京芸術大学大学院オペラ科修了。二期会オペラスタジオを優秀賞で修了。国際モーツァルト声楽コンコルソ本選入賞。ローマに留学し、イタリア各地のコンサートに出演。ジロー・オペラ賞新人賞受賞。瑞々しく伸びやかな美声と叙情性豊かな表現力で聴衆を魅了し、高い評価を受けている。二期会会員。
ジェルモン:折江 忠道
東京芸術大学卒業。同大学院修了。イタリアに渡りミラノヴェルディ音楽院入学。「ドン・ジョヴァンニ」のタイトルロールでオペラデビュー。以後、イタリア、フランス、ドイツ、スウェーデンなどで広く活動。日本でも藤原歌劇団公演「椿姫」をはじめ、オペラやコンサートに数多く出演。第16回ジロー・オペラ賞受賞。藤原歌劇団団員。
合唱:あばばい
徳島県立城南高等学校合唱部卒業生、門下生による合唱団。合唱をはじめとし、オペラ、チャリティーコンサート等に活躍。団名“あばばい”とは、まぶしい、輝かしいという意味の阿波弁に由来する。 ニューヨークのカーネギーホール演奏をはじめ、全日本合唱コンクール全国大会出場。
お話・音楽監督:三枝 成彰
作曲家。1942年生まれ。東京芸術大学大学院修了。代表作にオラトリオ「ヤマトタケル」、映画「優駿」「お引越し」、NHK大河ドラマ「太平記」「花の乱」など。1997年には構想十年のオペラ「忠臣蔵」を完成・初演した。2004年4月プッチーニのオペラ「蝶々夫人」の息子を主人公とした、オペラ「Jr.バタフライ」を東京文化会館にて初演。好評を博した。

閉じる
© TOYOTA MOTOR CORPORATION. All Rights Reserved.