TOYOTA
プロフィール
ヴィオレッタ:塩田 美奈子(Minako Shioda)
国立音楽大学卒業。同大学院オペラ科首席修了。イタリア声楽コンコルソ第1位、シエナ大賞受賞。二期会公演「椿姫」のタイトルロールでオペラデビューし、「白墨の輪」「忠臣蔵」など数多くの作品に出演。スペイン舞踊を取り入れた斬新な演出で「カルメン」を初演し好評を博す。今、最も輝いている注目の“オペラ女優”。
アルフレード:平尾 憲嗣(Noritsugu Hirao)
国立音楽大学声楽科卒業。同大学院修了。2002年オーチャードホール開催「明日のマリア・カラス、ぼくらのドミンゴを探せ」コンテストで優勝。2004年小澤征爾指揮音楽塾オペラ公演「ラ・ボエーム」にてロドルフォのカバーを務め好評を得る。2005年藤原歌劇団「椿姫」のガストンでデビュー。今後の活躍が大変期待される若手テノール。藤原歌劇団団員。
ジェルモン:折江 忠道(Tadamichi Orie)
東京芸術大学卒業。同大学院修了。イタリアに渡りミラノヴェルディ音楽院入学。「ドン・ジョヴァンニ」のタイトルロールでオペラデビュー。以後、イタリア、フランス、ドイツ、スウェーデンなどで広く活動。日本でも藤原歌劇団公演「椿姫」をはじめ、オペラやコンサートに数多く出演。第16回ジロー・オペラ賞受賞。藤原歌劇団団員。
管弦楽:郡山市民オーケストラ
郡山市を中心に活動する団員80名ほどの団体。年2回の定期公演に加え、病院での慰問演奏、学生への楽器指導、市主催の文化行事への参加など多彩な活動を行う。また強化合宿やプロ奏者を招いた特別練習を行い技術の研鑽に努めている。近年では、5ヵ年計画と銘打って5年先までの秋の定期公演のメイン曲を決定し、よりレベルの高い曲へ挑戦したり、ファミリーコンサートという親しみやすい曲を集めた演奏会も行い、大変好評を博している。
指揮:中橋 健太郎左衛門(Kentarozaemon Nakahashi)
1971年大阪生まれ。桐朋学園大学音楽学部卒業。1994年、第4回日本室内楽コンクール入選。1995年、WAKI PIANO COMPETITION 入賞。1996年10月、キーロフ歌劇場日本公演音楽スタッフ。1997年、北九州国際音楽祭審査員特別賞。1999年5月、松江市制110周年記念事業オペラを指揮。2001年7月、東京混声合唱団を指揮。新日本フィル、東京交響楽団の定期演奏会や、新国立劇場、二期会、藤原歌劇団、日生劇場、小澤征爾オペラ プロジェクト他のオペラ公演に於いて、副指揮者、合唱指揮者、コレペティトゥーアとして活動している。ピアノ奏者としても多くの演奏会に出演。
演出:大島 尚志(Takashi Ooshima)
中央大学文学部哲学科卒業。故粟國安彦氏に師事。「モーツァルト・オペラ全曲シリーズ」、文化庁芸術祭主催公演「月の夜の物語」等を演出。2002年、新作オペラ「聖徳太子」の作・演出、「元禄のトラヴィアータ」、「大正時代のボエーム」、「雛祭りのフィガロの結婚」等、日本文化との融合をテーマに演出。昨年は山田耕筰のオペラ「黒船」を演出。東京音楽大学講師。桐朋学園大学講師。
合唱:TCC郡山オペラ合唱団
トヨタコミュニティコンサートin郡山のために結成された合唱団。合唱指揮の岡部富士夫氏のもと、郡山女声合唱団、郡山男声合唱団ドンカラック、郡山女子大学開成の杜女声合唱団、郡山市民合唱団を中心にオペラ「椿姫」をこよなく愛する仲間達で結成された。「合唱の街」郡山ならではの経験豊富なメンバーで、福島県内をはじめ様々な活動を行っている。
お話・音楽監督:三枝 成彰(Shigeaki Saegusa)
東京芸術大学大学院修了。代表作にオペラ「忠臣蔵」、NHK大河ドラマ「太平記」「花の乱」。2004年、プッチーニのオペラ「蝶々夫人」を下敷きにした新作オペラ「Jr.バタフライ」を世界初演、話題を呼ぶ(2005年神戸で再演)。このオペラは今年、イタリア・プッチーニ音楽祭での再演が決定している。同音楽祭における初の外国人作品の上演であり、プッチーニ以外の作曲家のオペラの初めての上演ともなった。




閉じる
(c) TOYOTA MOTOR CORPORATION. All Rights Reserved.