TOYOTA
プロフィール
堤俊作が指導にあたった全国各地の学生オケ等の出身者達によって1983年に結成。名称は「俊作友の会」に由来したもので、「音楽にはプロもアマもない」という音楽監督の厳しい指導のもと研鑚を積んでいる。1985年の第1回を皮切りに春秋2回の定期演奏会、および6回の特別演奏会、ウィーン公演を行う。第5回、第7回定期では、皇太子殿下(当時浩宮さま)が名誉団員としてヴィオラソロを演奏された。アマオケで演奏する機会の少ない大曲に挑戦する一方、ブラームスやベートーヴェン等も積極的に取り組んでいる。最近はオペラやバレエにも挑戦中。
桐朋学園大学卒業。1978年ジュネーブ国際音楽コンクール「エルネスト・アンセルメ」指揮者コンクールで最高位。東京交響楽団正指揮者、東京シティフィル・常任指揮者、札幌交響楽団・専属指揮者、大阪市音楽団芸術顧問、常任指揮者など歴任。現在、ロイヤルチェンバーオーケストラ、およびロイヤルメトロポリタン管弦楽団音楽監督、梓室内管弦楽団音楽監督、静岡交響楽団音楽監督。東京シティ・フィル桂冠指揮者。第1回高松国際ピアノコンクール音楽監督。
1959年東京生まれ、1982年早稲田大学理工学部電気工学科卒業。指揮法を遠藤雅古、V.Feldbrill、合唱指揮を関屋晋の各氏に師事。合唱とオーケストラのための作品のコーラスマスターを務める一方、初演した現代合唱作品も数多い。国内外の音楽祭・作曲コンクール・合唱コンクールの審査員を歴任。2005年には、京都で開かれた第7回世界合唱シンポジウムに於いて講師を務めた。1995年の番組開始以来、NHKラジオ「みんなのコーラス」レギュラー出演。日本合唱指揮者協会副理事長・事務局長。東京都合唱連盟理事。東京藝術大学非常勤講師。
合唱指揮者・関屋晋を常任指揮者としたアマチュア合唱団として活動を開始、現在指揮を清水敬一が務め、オーケストラとの共演を主たる活動としている。1980年、小澤征爾指揮・新日本フィル演奏「マーラー/Sym.No8(千人の交響曲)」で“晋友会合唱団”としてデビュー。その後も小澤・新日本フィルほか数多くのオーケストラと共演。1988年、“ベルリン・フィル定期演奏会”に招かれ、小澤征爾指揮「オルフ/カルミナ・ブラーナ」でベルリン・デビュー。レパートリーは、古典派・ロマン派から現代作品まで幅広く、その活動は国内外から注目を浴びている。
武蔵野音楽大学卒業、同大学院修了。1984年渡欧、ウィーン国立音楽大学を最優秀首席で卒業。1988年ミラノ国際音楽コンクールで第1位および、ホセ・カレーラス賞。ウィーン国立歌劇場「リゴレット」にてバリトンとしてデビュー後1995年に世界的に貴重なリリコスピントに転向しブダペスト国立歌劇場「アイーダ」のラダメスで異色の再デビューを飾り脚光を浴びる。以降ヨーロッパ各地の歌劇場、音楽祭や藤原歌劇団、新国立劇場等で活躍中。藤原歌劇団団員。
国立音楽大学卒業、同大学院修了。1989年藤原歌劇団文化庁青少年芸術劇場「蝶々夫人」でタイトルロールを歌って好評を博し、その後も同役を毎年のように歌い絶賛を博している。またパーム・ビーチオペラ、マカオ、上海など海外でも同役で高い評価を得ている。新国立劇場では「蝶々夫人」「天守物語」「夕鶴」「トスカ」、日本オペラ協会では「よさこい節」「祝い歌が流れる夜に」「黒船」などで活躍を続け、日本オペラの分野でも定評がある。藤原歌劇団団員。
東京芸術大学卒業。同大学院修了。1998年東京オペラ・プロデュース公演「ベアトリースとベネディクト」のユルジュールでオペラ・デビュー。その後も「無口な女」「当惑した家庭教師」「オペラの稽古」等に出演。2005年2月藤原歌劇団公演「ラ・チェネレントラ」のティーズベで藤原歌劇団にデビューし好評を得、その後も「ランスへの旅」「リゴレット」「蝶々夫人」等で好評を博している。藤原歌劇団団員。
国立音楽大学卒業。1993年渡伊、ミラノを拠点に活動し1998年ミラノ大聖堂でのイタリアKPMG財団主催「モーゼ」(ロッシーニ作曲)にタイトルロールで出演。その後、イタリア各地の歌劇場で30を超える役で活躍し好評を博す。2005年11月、日本オペラ団体連盟「ジャンニ・スキッキ」のシモーネで帰国デビュー。その後藤原歌劇団で「ラ・トラヴィアータ(椿姫)」「ランスへの旅」「どろぼうかささぎ」等に出演。今後の活躍が期待されるバス歌手。藤原歌劇団団員。
愛知県立芸術大学卒業。同大学院および研修生修了。1994年渡伊。1995年の愛知県立劇場の「愛の妙薬」ネモリーノでデビュー。イタリア・オルヴィエートで「セヴィリアの理髪師」のアルマヴィーヴァ伯爵でデビュー。その後も「リゴレット」「友人フリッツ」「ルチア」「アルジェのイタリア女」等に出演。1997年には、日生劇場での「魔笛」のタミーノに出演し「気品ある王子役」と絶賛された。その後も藤原歌劇団を中心に活躍中。藤原歌劇団団員。
1942年生まれ。東京芸術大学大学院修了。代表作にオペラ「忠臣蔵」、NHK大河ドラマ「太平記」「花の乱」。2004年、プッチーニのオペラ「蝶々夫人」を下敷きにした新作オペラ「Jr.バタフライ」を世界初演。このオペラは2006年、イタリア・プッチーニ音楽祭でも再演された。これは同音楽祭における初の外国人作品の上演であり、プッチーニ以外の作曲家のオペラの初めての上演ともなった。2007年、紫綬褒章受章。




閉じる
(c) TOYOTA MOTOR CORPORATION. All Rights Reserved.