TOYOTA
メッセージ

トヨタ自動車株式会社 取締役社長
張 富士夫

「豊かな社会づくりに貢献したい。人や社会や地球にやさしい企業でありたい。」という想いを込めて、トヨタ自動車は、「地球環境の保全」や「科学技術の振興」、「芸術・文化支援(メセナ)」など、国内外において社会貢献活動に取り組んで参りました。こうした社会貢献活動の一環として、良質な音楽をより多くの方々にお聴きいただきたいとの想いから、世界トップレベルのオーケストラとのパートナーシップによる演奏会「トヨタ・マスター・プレイヤーズ,シリーズ」を1997年、2000年、02年、04年に開催し、大変好評をいただいてまいりました。この度、シリーズの5回目として、ウィーン国立歌劇場の特別なご協力のもと、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のメンバーを中心に特別編成したオーケストラ「トヨタ・マスター・プレイヤーズ,ウィーン」による演奏会を、2005年3月に全国5都市で開催させていただくことといたしました。また、2005年3月25日から、21世紀万博「愛・地球博」が、愛知県にて開催されますが、この度の演奏会は、「愛・地球博」の開幕を祝い、実施するものでもあります。「トヨタ・マスター・プレイヤーズ,ウィーン」が奏でる、「愛・地球博」の開幕に相応しい祝祭色豊かなハーモニーを、この機会にお楽しみいただければ幸いです。

トヨタ・マスター・プレイヤーズ,ウィーン名誉監督
イオアン・ホーレンダー(ウィーン国立歌劇場総監督)

2004年4月に「トヨタ・マスター・プレイヤーズ,ウィーン」によるコンサートが行われたことは、皆様の記憶に
新しいことと思います。今回も芸術監督のペーター・シュミードル教授を中心に、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のメンバー、ウィーン国立歌劇場管弦楽団のメンバーを中心に特別に編成されたオーケストラ、「トヨタ・マスター・プレイヤーズ,ウィーン」のコンサートを皆様にお届けできることに喜びを感じております。また、私が名誉職として芸術アドバイザーを務める、名古屋フィルハーモニー交響楽団のメンバーとの共演は、今回が4回目となります。これは、他のコンサートでは見られない大変素晴らしいことであり、お互いの精神的な繋がりを深めるだけでなく、「高度な音楽の芸術性」を更なる極みへと繋げる素晴らしい機会と捉えています。さらに国際的に活躍している指揮者・ソリストを迎え、高い芸術性をもって聴衆の皆様にご満足していただけるものと心から願っております。最後に、世界中全ての方々の知恵と力が結集された国際博覧会、「愛・地球博」の開幕をお祝いすると共に、その成功を祈念しております。
トヨタ・マスター・プレイヤーズ,ウィーン芸術監督
ペーター・シュミードル
(ウィーン・フィルハーモニー 管弦楽団ゼネラルマネージャー)

今回も日本の音楽ファンの方々に最高のプログラムをお届けすることができ、大変幸福な思いに浸っています。このプログラムは、ウイーン国立歌劇場の特別協力のもと、同歌劇場・総監督のイオアン・ホーレンダー氏が名誉監督を行う、他に類を見ない特別なコンサートです。この度もウィーン・フィルをはじめとするウィーンの有名なオーケストラの経験豊かなメンバーで、「トヨタ・マスター・プレイヤーズ,ウィーン」を編成しプログラムを作りました。皆様に必ずご満足いただけるものと確信しております。また日本の才能豊かな音楽家たち、マエストロ・沼尻竜典氏をはじめ、ヴァイオリニストの諏訪内晶子氏、ピアニストの横山幸雄氏、ソプラノ歌手の佐藤美枝子氏を迎えることが出来ました。さらにこれまで同様、ウイーンの精鋭と名古屋フィルハーモニー交響楽団との友情深き共演もあります。今回は「愛・地球博」の開催をうけて、名古屋フィルは地元のオーケストラとして活躍するわけです。トヨタの支援で集まったこの素晴らしいメンバーと再び輝く成果を上げると同時に、「愛・地球博」を皆様と共に祝い、盛上げて行きたいと思います。
 


閉じる
© TOYOTA MOTOR CORPORATION. All Rights Reserved