TOYOTA
出演者プロフィール
トヨタ・マスター・プレイヤーズ,ウィーン
トヨタ・マスター・プレイヤーズ,ウィーン
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の首席クラリネット奏者、ペーター・シュミードル教授の協力のもと、本公演のために特別に編成された世界最高水準の室内オーケストラ。ウィーン国立歌劇場、ウィーン・フィルのメンバーとその仲間たち30名で編成されている。
■ヴァイオリン ■フルート
フォルクハルト・シュトイデ(首席) エルヴィン・クランバウアー
エックハルト・ザイフェルト マティアス・シュルツ
ヴェスナ・スタンコヴィッチ ■オーボエ
アンドレアス・グロスバウアー クレメンス・ホラーク(首席)
シュケルツェン・ドリ クラウス・リーンバッハー
ペーター・ヴェヒター(首席) ■クラリネット
ビルギット・コラー ペーター・シュミードル(首席)
ホルガー・グロー ペーター・ロイットナー
ミヒャール・マチャシチック ■ファゴット
■ヴィオラ シュテパン・トゥルノフスキー(首席)
エルマー・ランダラー ベアトリクス・キス
ペーター・サガイシェック ■ホルン
ヴェラ・ライゲルスベルク ロナルド・ヤネツィック(首席)
■チェロ ヴォルフガング・ヴラダー
フリードリッヒ・ドレシャル(首席) ■トランペット
エディソン・パシュコ ハインリッヒ・ブルックナー
ヴェルナー・レーゼル ハインツ・クリストフェリッチ
■コントラバス ■ティンパニ
ヨゼフ・ニーダーハマー ミヒャエル・ヴラダー
ゲオルグ・ストラーカ
=ウィーン・フィルメンバー
=ウィーン国立歌劇場メンバー
ペーター・シュミードル(芸術監督・クラリネット) ペーター・シュミードル(芸術監督・クラリネット)
ウィーン国立音楽大学卒業。1968年にウィーン・フィルハーモニー管弦楽団に第1クラリネット奏者として入団、82年より第1首席奏者となる。ソリストとして、これまでウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、パリ管弦楽団、ザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団、指揮者のベーム、バーンスタイン、プレヴィン、レヴァイン、ムーティ、小澤征爾などと共演。84年ザルツブルク功労金勲章を受賞、91年オーストリア芸術名誉十字勲章を受賞。音楽教育家としても名高く、日本においてもPMFなど数多くのマスタークラスを開催し、後進の指導に貢献している。
佐藤美枝子(ソプラノ) 佐藤美枝子(ソプラノ)
1998年第11回チャイコフスキー国際音楽コンクール声楽部門で日本人初の第1位を受賞。2003年・05年ブルガリアのソフィア国立歌劇場に招かれ、絶賛を博す。2007年7月インバル指揮フィルハーモニア管とマーラーの交響曲第2番「復活」のソリストを務め、10月ロジェストヴェンスキー指揮・読売交響楽団との共演でチャイコフスキーの歌劇「イオランタ」に出演。また、佐藤美枝子のために創作された「ランメルモールのルチア」のハイライト・オペラ「幻想のルチア」は、独創的な舞台で好評を博している。

佐藤美枝子オフィシャルWEBサイト
フォルクハルト・シュトイデ(コンサートマスター・ヴァイオリン) フォルクハルト・シュトイデ(コンサートマスター・ヴァイオリン)
1971年ライプツィヒに生まれる。88年ベルリンのハンス・アイスラー音楽大学に入学。在学中、エスタ国際ヴァイオリン・コンクール第4位入賞、シュポア国際ヴァイオリン・コンクールにて特別賞を受賞するほか、グスタフ・マーラー・ユース管弦楽団の第一コンサートマスターを務めるなど、オーケストラ奏者としても活躍。94年同大学卒業と同時にウィーンに留学、同年コンサートマスターとしてウィーン国立歌劇場管弦楽団に入団、98年ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団に入団、99年よりコンサートマスターを務めている。
清水直子(ヴィオラ) 清水直子(ヴィオラ)
桐朋学園大学でヴァイオリンを広瀬悦子、江藤俊哉の各氏に、ヴィオラを岡田伸夫氏に師事。93年ヴィオラに転科し研究科修了。94年よりドイツ・デトモルト音楽大学で今井信子氏に師事。95年マルクノイキルヘン国際コンクール優勝。96年ジュネーヴ国際音楽コンクール最高位(1位なし2位)、97年ミュンヘン国際音楽コンクール第1位受賞など、数々のコンクールに入賞の他、タングルウッド音楽祭、マールボロ音楽祭などにも参加。ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、首席ヴィオラ奏者としても活躍する他、室内楽やソリストとして国内外のオーケストラとの共演など世界各国で活発な演奏活動を展開している。
ローラ・タトゥレスク(ソプラノ) ローラ・タトゥレスク(ソプラノ)
アメリカ生まれ。2005年ブカレスト国立音楽大学卒業。04年ルーマニア国立歌劇場にてデビューを果たし、その後『愛の妙薬』(ジャネッタ役)、『ドン・カルロ』(テバルド役)、『フィガロの結婚』(スザンナ役)などでウィーン国立歌劇場に登場。これまで数多くの賞を受賞し、ゲオルグ・エネスコ国際音楽祭にも招かれるなど、高い評価を受ける。07/08シーズンには同劇場で『魔笛』、『コシ・ファン・トゥッテ』等の出演、08年バイエルン国立歌劇場にデビュー、及びロサンゼルス歌劇場のシーズン・オープニング公演に登場する予定。
コスミン・イフリム(テノール) コスミン・イフリム(テノール)
ルーマニア生まれ。クルージュ・ナポカ音楽院卒業。トライアン・グロザヴェスク・コンクールで優勝し、『ファルスタッフ』(フェントン役)でクルージュ・ナポカ、ロッテルダム、ユトレヒトの各地にてオペラ・デビューを果たす。2000年ヘルベルト・フォン・カラヤン・センターの奨学金を得て活躍の場をウィーンに移し、『ばらの騎士』でウィーン国立歌劇場デビュー。01年には優れた解釈が認められ、エーベルハルト・ヴェヒター・メダルを受章。07/08シーズンは『スペードの女王』、『ノルマ』、『トリスタンとイゾルデ』、『カプリッチョ』、『運命の力』などに出演する予定。
ミヒャエル・ボーダー(指揮) ミヒャエル・ボーダー(指揮)
ウィーン・フィル、ベルリン・フィルなど、ヨーロッパ音楽界の頂点で活躍する俊英の指揮者。ハンブルク音楽大学で指揮を学び、イタリアで研鑚を積む。1989〜93年バーゼル歌劇場音楽監督および首席指揮者。ウィーン国立歌劇場、ベルリン国立歌劇場をはじめとする著名なオペラ・ハウスで定期的に指揮を務め、2003年ワーグナーの『指輪』4部作の新演出にも取り組む。コンサート指揮者としても活躍し、日本では1997年、NHK交響楽団との共演でデビュー。05年『フィデリオ』や07年『さまよえるオランダ人』(いずれも新国立劇場)を成功に導いたことが、記憶に新しい。
名古屋フィルハーモニー交響楽団
名古屋フィルハーモニー交響楽団
1966年結成。88年にヨーロッパ、2000年にアジア・ツアーを行う。04年より芸術アドバイザーにウィーン国立歌劇場総監督のイオアン・ホーレンダー氏が就任。04年5月には「プラハの春国際音楽祭」出演を含む2度目のヨーロッパ・ツアーを、また06年10月から11月にかけては2度目のアジア・ツアーを成功させた。08年4月より、BBCウェールズ・ナショナル管弦楽団首席指揮者を務めるティエリー・フィッシャーが第7代常任指揮者に就任予定。「トヨタ・マスター・プレイヤーズ,ウィーン」との合同公演は、2000年・02年・04年・05年・06年・07年に引き続いて今回が7回目で、同楽団と深い交友関係を築いている。

名古屋フィルハーモニー交響楽団オフィシャルWEBサイト
閉じる
(c) TOYOTA MOTOR CORPORATION. All Rights Reserved.