TOYOTA
出演者プロフィール
トヨタ・マスター・プレイヤーズ,ウィーン
トヨタ・マスター・プレイヤーズ,ウィーン
ウィーン国立歌劇場の協力を得て、本公演のために特別に編成された世界最高水準の室内オーケストラ。ウィーン国立歌劇場、ウィーン・フィルのメンバーとその仲間たち30名で編成されている。
[芸術監督:ペーター・シュミードル]
■ヴァイオリン ■フルート
フォルクハルト・シュトイデ(首席) エルヴィン・クランバウアー
エックハルト・ザイフェルト マティアス・シュルツ‐アイグナー
アンドレアス・グロスバウアー ■オーボエ
ホルガー・グロー クレメンス・ホラーク(首席)
オレアダ・シュトイデ ヴォルフガング・ツィンメル
ペーター・ヴェヒター(首席) ■クラリネット
ビルギット・コーラー ペーター・シュミードル(首席)
シュケルツェン・ドリ ペーター・ロイットナー
ミヒャール・マチャシチック ■ファゴット
■ヴィオラ シュテパン・トゥルノフスキー(首席)
エルマー・ランダラー ベアトリクス・キス
ペーター・サガイシェック ■ホルン
ヴェラ・ライゲルスベルク ロナルド・ヤネツィック(首席)
■チェロ ヴォルフガング・ヴラダー
フリードリッヒ・ドレシャル(首席) ■トランペット
エディソン・パシュコ ハンス・ペーター・シュー(首席)
ヴェルナー・レーゼル ハインツ・クリストフェリッチ
■コントラバス ■ティンパニ
ヨゼフ・ニーダーハマー ミヒャエル・ヴラダー
ゲオルグ・ストラーカ
=ウィーン・フィルメンバー
=ウィーン国立歌劇場メンバー

閉じる
クレメンス・ホラーク(オーボエ) クレメンス・ホラーク(オーボエ)
1969年ウィーン生まれ。9歳よりウィーン音楽院にてリコーダーを始める。82年ウィーン国立音楽大学に入学、85年オーボエに転向。94年に優秀な成績でディプロマを取得。89年弱冠20歳でウィーン交響楽団の首席奏者に就任。98年にウィーン国立歌劇場管弦楽団およびウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の首席奏者に就任。アンサンブル・コントラプンクトのメンバーを務める他、数多くの室内楽団体に参加。また、ウィーン交響楽団、ウィーン室内交響楽団、ウィーン国立音楽大学管弦楽団と協演するなど、ソリストとしても活躍している。
閉じる
シュテパン・トゥルノフスキー(ファゴット) シュテパン・トゥルノフスキー(ファゴット)
1981年ウィーン国立音楽大学を首席で卒業。78年ウィーン国立歌劇場管弦楽団およびウィーン・フィルハーモニー管弦楽団に入団、85年より両楽団の首席奏者を務めている。また、室内楽奏者として、ウィーン木管合奏団、新ウィーン八重奏団のメンバーを務める他、バロック・ファゴット(古楽器)奏者として、コンセントゥス・ムジークス・ウィーンのメンバーを務めるなど、世界各地での演奏旅行やレコーディングを行い、積極的な活動を行っている。ファゴットおよび管楽器室内楽の教師として、ウィーン国立音楽大学に勤めている。
閉じる
フォルクハルト・シュトイデ(コンサートマスター・ヴァイオリン) フォルクハルト・シュトイデ(コンサートマスター・ヴァイオリン)
1971年ライプツィヒに生まれる。88年ベルリンのハンス・アイスラー音楽大学に入学。在学中、エスタ国際ヴァイオリン・コンクール第4位入賞、シュポア国際ヴァイオリン・コンクールにて特別賞を受賞する他、グスタフ・マーラー・ユース管弦楽団の第1コンサートマスターを務めるなど、オーケストラ奏者としても活躍。94年同大学卒業と同時にウィーンに留学、同年コンサートマスターとしてウィーン国立歌劇場管弦楽団に入団、98年ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団に入団、99年よりコンサートマスターを務めている。
閉じる
フリードリッヒ・ドレシャル(チェロ) フリードリッヒ・ドレシャル(チェロ)
1947年ウィーン生まれ。7歳よりチェロを始める。68年ウィーン国立歌劇場管弦楽団およびウィーン・フィルハーモニー管弦楽団に入団し、74年より首席奏者を務める。これまでソリストとして世界一流のオーケストラと協演。また、M.マイスキー、M.アルゲリッチ、C.エッシェンバッハなどトップ・クラスのアーティストとの共演を重ねる。指導者としても活躍し、世界各地で数多くのマスタークラスを開催。ウィーン弦楽四重奏団、ウィーン八重奏団、アンサンブル・コントラプンクト、ウィーン・ヴィルトゥオーゼン、ウィーン宮廷楽団などのメンバーを務める。
閉じる
ハンス・ペーター・シュー(トランペット) ハンス・ペーター・シュー(トランペット)
1956年生まれ。グラーツ音楽芸術大学オーバーシュッツェン分校でトランペットを専攻。卒業後、さらにウィーン国立音楽大学で研鑽を積む。75年全国青年音楽コンクールにて第1位入賞。76〜78年にはリンツ・ブルックナー・オーケストラの首席トランペット奏者を務め、78年からウィーン国立歌劇場管弦楽団ならびにウィーン・フィルのトランペット奏者、93年首席トランペット奏者に就任する。91年グラーツ音楽芸術大学分校の教授に就任。オーケストラ活動の他アンサンブル11、ウィーン・ヴィルトゥオーゼンなどのメンバーとして活躍。
閉じる
児玉 桃(ピアノ) 児玉 桃(ピアノ)
1991年ミュンヘン国際コンクールにて最高位に輝き、以来、国内はもとより欧米の名だたるオーケストラや国際音楽祭などに招かれている。バッハからメシアンに至る幅広いレパートリーと表現で、パリを拠点に活躍中。最近はメシアン、細川俊夫など近現代作品の演奏が注目されており、水戸室内管弦楽団のヨーロッパ・ツアーや、ルツェルン音楽祭で成功を収める。CD「メシアン:幼子イエスに注ぐ20のまなざし」(全曲)(オクタビア)は日本のみならず、ヨーロッパでも好評を博している。パリ在住。
閉じる
ペーター・シュミードル(芸術監督・クラリネット) ペーター・シュミードル(芸術監督・クラリネット)
ウィーン国立音楽大学卒業。1968年にウィーン・フィルハーモニー管弦楽団に第1クラリネット奏者として入団、82年より第1首席奏者となる。ソリストとして、これまでウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、パリ管弦楽団、ザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団、指揮者のベーム、バーンスタイン、プレヴィン、レヴァイン、ムーティ、小澤征爾などと共演。84年ザルツブルク功労金勲章を受賞、91年オーストリア芸術名誉十字勲章を受賞。音楽教育家としても名高く、日本においてもPMFなど数多くのマスタークラスを開催し、後進の指導に貢献している。
閉じる
ナディア・クラスティーヴァ(メゾ・ソプラノ) ナディア・クラスティーヴァ(メゾ・ソプラノ)
ソフィア(ブルガリア)に生まれる。2002年9月ウィーン国立歌劇場の歌手として、『ナブッコ』(フェレーラ)でデビュー以来、これまで同歌劇場で30以上の演目に出演。欧州各地の歌劇場や音楽祭にも客演するほか、これまで小澤征爾、準・メルクル、ファビオ・ルイージ、クリスティアン・ティーレマンなど世界的な指揮者と共演を重ねている。またオランダ・オペラでは『カルメン』の新演出にも挑戦。08年ウィーン国立歌劇場日本公演では『ロベルト・デヴェリュー』のサラ役で来日。本公演には07年に引き続き2回目の出演となる。
閉じる
アイン・アンガー(バス) アイン・アンガー(バス)
エストニアに生まれる。2001年から04年までライプツィヒ歌劇場の専属歌手を務める。期間中にベルリン・ドイツ・オペラ、パリ国立歌劇場などヨーロッパの主要歌劇場に出演。04年に『リゴレット』(モンテローネ伯爵)でウィーン国立歌劇場デビュー。同年の日本公演では『ドン・ジョヴァンニ』の騎士長役で高評を博す。以来、同歌劇場で数々の主要キャストとして活躍。08/09年シーズンには『運命の力』、『ローエングリン』、『エフゲニー・オネーギン』、『ラインの黄金』、『ナブッコ』、『ジークフリート』などに出演予定。
閉じる
尾高忠明(指揮) 尾高忠明(指揮)
1998年より札幌交響楽団音楽監督、91年より東京フィルハーモニー交響楽団桂冠指揮者、96年よりBBCウェールズ交響楽団桂冠指揮者、98年より読売日本交響楽団名誉客演指揮者、2003年より紀尾井シンフォニエッタ東京桂冠名誉指揮者。国内主要オーケストラへの定期的な客演に加え、BBC交響楽団、ロンドン・フィル、バンベルク交響楽団などへ繰り返し客演している。1991年度第23回サントリー音楽賞受賞。97年大英勲章CBEを、99年には英国エルガー・メダルを授与されている。
閉じる
名古屋フィルハーモニー交響楽団
名古屋フィルハーモニー交響楽団
1966年結成。88年にヨーロッパ、2000年にアジア・ツアーを行う。04年より芸術アドバイザーにウィーン国立歌劇場総監督のイオアン・ホーレンダー氏が就任。04年5月には「プラハの春国際音楽祭」出演を含む2度目のヨーロッパ・ツアーを、また06年10月から11月にかけては2度目のアジア・ツアーを成功させた。08年4月より、BBCウェールズ・ナショナル管弦楽団首席指揮者を務めるティエリー・フィッシャーが第7代常任指揮者に就任。「トヨタ・マスター・プレイヤーズ,ウィーン」との合同公演は、2000年の初共演以来今回が8回目で、同楽団と深い交友関係を築いている。

名古屋フィルハーモニー交響楽団オフィシャルWEBサイト
閉じる
(c) TOYOTA MOTOR CORPORATION. All Rights Reserved.