TOYOTA
出演者プロフィール
トヨタ・マスター・プレイヤーズ,ウィーン
トヨタ・マスター・プレイヤーズ,ウィーン
ウィーン国立歌劇場の協力を得て、本公演のために特別に編成された世界最高水準の室内オーケストラ。
ウィーン国立歌劇場、ウィーン・フィルのメンバーとその仲間たち30名で編成されている。
[芸術監督:ペーター・シュミードル]
■コンサートマスター ■フルート
フォルクハルト・シュトイデ(首席) エルヴィン・クランバウアー
■第1ヴァイオリン マティアス・シュルツ‐アイグナー
エックハルト・ザイフェルト ■オーボエ
アンドレアス・ノイフェルド クレメンス・ホラーク(首席)
ビルギット・コーラー ヴォルフガング・ツィンメル
ホルガー・グロー ■クラリネット
■第2ヴァイオリン ペーター・シュミードル
ペーター・ヴェヒター ペーター・ロイットナー
シュケルツェン・ドリ ■ファゴット
オレアダ・シュトイデ シュテパン・トゥルノフスキー(首席)
ミヒャール・マチャシチック ゴットフリード・ポコルニー
■ヴィオラ ■ホルン
エルマー・ランダラー ロナルド・ヤネツィック(首席)
ペーター・サガイシェック ヴォルフガング・ヴラダー
ローマン・ベルンハルト ■トランペット
■チェロ ハンス・ペーター・シュー(首席)
ロベルト・ナジ(首席) ハインツ・クリストフェリッチ
フリードリッヒ・ドレシャル(首席) ■ティンパニ
エディソン・パシュコ ミヒャエル・ヴラダー
■コントラバス  
ヨゼフ・ニーダーハマー  
ミヒャエル・ブラーデラー  
   
=ウィーン・フィルメンバー
=ウィーン国立歌劇場メンバー

閉じる
三浦文彰(ヴァイオリン) 三浦文彰(ヴァイオリン)
三浦文彰は、2009年世界最難関とも言われるハノーファー国際コンクールにおいて、史上最年少の16歳で優勝。国際的に大きな話題となった。現在、最も将来が嘱望されるヴァイオリニストである。東京都出身。3歳よりヴァイオリンを始め安田廣務氏に、6歳から徳永二男氏に師事。これまでに、ハンブルク北ドイツ放送交響楽団、ポーランド・アマデウス・チェンバーオーケストラ、東京交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、札幌交響楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団などと共演し、いずれも高い評価を得ている。10年は宮崎国際音楽祭、北京でのオーケストラとの共演、ドイツ・シュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭、フランス・マントン音楽祭など音楽祭への参加など、国内のみならず国際的な活動を展開している。現在、(財)明治安田生命クオリティブライフ文化財団より奨学金を得て、ウィーン私立音楽大学に入学、パヴェル・ヴェルニコフ氏のもとで研鑽を積んでいる。09年度第20回出光音楽賞受賞。

閉じる
エルヴィン・クランバウアー(フルート) エルヴィン・クランバウアー(フルート)
9歳よりリンツのブルックナー音楽院(現ブルックナー大学)にてフルートとピアノを始め、その後ウィーン国立音楽大学にてW.シュルツに師事、1991年最優秀の成績で卒業。学生時代よりグスタフ・マーラー・ユース管弦楽団、EUユースオーケストラ、カメラータ・ザルツブルク等の首席奏者を歴任し、92年オーストリア連邦劇場管弦楽団に入団。93年よりウィーン放送交響楽団のソロ・フルート奏者に就任し、数多くのテレビ、ラジオの収録やCDの録音を積極的に行っている。ソリストとしてヨーロッパ及びアメリカ、ロシア、中国、日本、韓国など世界各地で演奏活動を行う他、室内楽奏者としても活躍し、アンサンブル・コントラプンクト、ウィーン放送交響楽団木管五重奏団等のメンバーを務める。また世界各地でワークショップやマスタークラスを開催しており、ウィーン国立芸術大学やウィーン音楽院で教鞭を執る。2008年10月グラーツ音楽大学教授に就任。
閉じる
ペーター・シュミードル(芸術監督・クラリネット) ペーター・シュミードル(芸術監督・クラリネット)
オルミュッツに生まれる。祖父、父、本人と3代にわたってウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の首席奏者を務めている。ウィーン国立音楽大学でルドルフ・イェッテルに師事し、1964年卒業。65年にウィーン国立歌劇場管弦楽団、68年にウィーン・フィルハーモニー管弦楽団に第1クラリネット奏者として入団、82年より第1首席奏者となる。ソリストとして、これまでウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、パリ管弦楽団、ザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団、指揮者のベーム、バーンスタイン、プレヴィン、レヴァイン、ムーティ、小澤征爾等と共演。また、室内楽奏者として、新ウィーン八重奏団、ウィーン木管ゾリステンのメンバーを務めている。84年ザルツブルク功労金勲章を受賞、91年オーストリア芸術名誉十字勲章を受賞。音楽教育家としても名高く、ヨーロッパだけでなく、日本においても数多くのマスタークラス(草津夏期国際音楽アカデミー、パシフィック・ミュージック・フェスティバル-PMF)を開催し、後進の指導に貢献している。
閉じる
天羽明惠(ソプラノ) 天羽明惠(ソプラノ)
東京藝術大学卒業。文化庁派遣芸術家在外研修員としてシュトゥットガルトに留学。1995年ラインスベルク音楽祭(ティーレマン指揮)に出演、さらにソニア・ノルウェー女王記念第3回国際音楽コンクールに優勝し一躍注目を集める。その後ドイツを拠点としジュネーヴ大劇場、ザクセン州立歌劇場(ゼンパー・オーパー)、ベルリン・コーミッシェ・オーパー等欧州各地の歌劇場や音楽祭に出演。ヘンデル、モーツァルト、ロッシーニ、ヴェルディ、R.シュトラウスからリゲティまで幅広いレパートリーを持ち、数多くの公演で主要な役を演じている。ソリストとしてもサヴァリッシュ、ロジェストヴェンスキー、小澤征爾、バレンボイム、デュトワ、コンロン等の指揮で国内外のオーケストラと共演。超絶的なコロラトゥーラとリリックな声を併せ持ち、内外で高い評価を得ている。99年度アリオン賞、2003年第14回新日鉄音楽賞フレッシュアーティスト賞をそれぞれ受賞。
公式ホームページ
閉じる
フォルクハルト・シュトイデ(コンサートマスター・ヴァイオリン) フォルクハルト・シュトイデ(コンサートマスター・ヴァイオリン)
1971年ライプツィヒに生まれ、5歳よりヴァイオリンを始める。88年ベルリンのハンス・アイスラー音楽大学に入学、ヨアヒム・ショルツ、ヴェルナー・ショルツ両教授に師事。大学在学中、エスタ国際ヴァイオリン・コンクール第4位入賞、シュポア国際ヴァイオリン・コンクールにて特別賞を受賞する他、グスタフ・マーラー・ユース管弦楽団の第1コンサートマスターを務める等、オーケストラ奏者としても活躍。94年同大学卒業と同時にウィーンに留学、元ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団奏者であるアルフレド・スター教授に師事。同年コンサートマスターとしてウィーン国立歌劇場管弦楽団に入団、98年ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団に入団、99年よりコンサートマスターを務めている。2002年には自らが主宰するシュトイデ弦楽四重奏団を結成。また01年にはウィーン・フィルのメンバーで結成されたウィーン・ヴィルトゥオーゾのコンサートマスターも務めるなど、ソロや室内楽の多方面で活躍している。
閉じる
尾高忠明(指揮) 尾高忠明(指揮)
1947年生まれ。国内主要オーケストラへの定期的な客演に加え、ロンドン交響楽団、バーミンガム市響、バンベルク響、シドニー響、オスロ・フィル等世界各地のオーケストラへ客演している。これまで91年度第23回サントリー音楽賞受賞。93年ウェールズ音楽演劇大学より名誉会員の称号を、ウェールズ大学より名誉博士号を、97年英国エリザベス女王より大英勲章CBEを授与された。さらに99年には英国エルガー協会より、日本人初のエルガー・メダルを授与されている。現在、新国立劇場オペラ部門芸術監督、NHK交響楽団正指揮者、札幌交響楽団音楽監督、メルボルン交響楽団首席客演指揮者、BBCウェールズ交響楽団(現BBCウェールズ・ナショナル管弦楽団)桂冠指揮者、東京フィルハーモニー交響楽団桂冠指揮者、読売日本交響楽団名誉客演指揮者、紀尾井シンフォニエッタ東京桂冠名誉指揮者を務めるほか、東京藝術大学音楽学部指揮科主任教授、相愛大学音楽学部客員教授として後進の指導に当たっている。
閉じる
小山実稚恵(ピアノ) 小山実稚恵(ピアノ)
2010年デビュー25周年を迎える、人気・実力ともに日本を代表するピアニスト。1982年チャイコフスキー国際コンクール第3位、85年ショパン国際ピアノコンクール第4位と、二大国際コンクールに入賞した唯一の日本人。2006年からはBunkamuraオーチャードホールにて春・秋年2回ずつ“12年間・24回リサイタル・シリーズ”「小山実稚恵の世界」を開始。公演は全国7都市において進行中である。コンチェルトのレパートリーは60曲にも及び、国内外のオーケストラや著名指揮者とも数多く共演を重ねている。CDは、ソニー・ミュージックジャパンインターナショナルより多数リリース。10年1月にリリースされた「ショパン:ピアノ協奏曲第1番&第2番」は、質の極めて高い演奏とともに各方面で話題を呼んでいる。最新盤は10年9月にリリースされた「ラルゲット−ショパン・アルバム」。また10月にワルシャワにて行われる「第16回ショパン国際ピアノコンクール」(ポーランド)に審査員として参加する。
閉じる
名古屋フィルハーモニー交響楽団
名古屋フィルハーモニー交響楽団
1966年結成。歴代の指揮者は、岩城宏之、福村芳一、森正、荒谷俊治、外山雄三、モーシェ・アツモン(現名誉指揮者)、飯守泰次郎、小林研一郎(現桂冠指揮者)、沼尻竜典。1995年よりボブ佐久間をミュージックディレクターに迎え<名フィル・ポップスオーケストラ>としても活動。2008年常任指揮者にティエリー・フィッシャーを迎え、斬新なプログラミングで全国的な注目を集める。02年ウィーン・フィルのコンサートマスター、ライナー・ホーネックが首席客演コンサートマスターに就任。04年にはイオアン・ホーレンダーが芸術アドバイザーに就任、ウィーンとの結び付きを強め、より一層の芸術レベル向上を目指している。1988年ヨーロッパ・ツアー、2000年アジア・ツアー、04年「プラハの春」国際音楽祭出演を含むヨーロッパ・ツアー、06年アジア・ツアーを実施、各地で好評を得ている。現在は、愛知県芸術劇場コンサートホール、中京大学文化市民会館オーロラホールを主会場に、年間約120回の演奏会を行っている。
オフィシャルWEBサイト
閉じる
(c) TOYOTA MOTOR CORPORATION. All Rights Reserved.