TOYOTA
プロフィール
日本青少年交響楽団(JAPAN YOUTH SYMPHONY ORCHESTRA)
日本青少年交響楽団は、「トヨタ青少年オーケストラキャンプ(TYOC)」に参加したメンバーによって編成されているオーケストラです。その特徴は、オーディションではなくそれぞれが所属しているオーケストラの指導者の推薦によって選ばれているということです。
これらの青少年が共に学びあった経験を、自分たちの仲間に持ち帰って交流の場を広げ、それぞれの活動を見つめなおし、より一層高めていくことが重要な目的となっています。
既に、4,000人にのぼる卒業生の先輩たちは現在各地の社会人オーケストラの中心となって活躍しています。
指揮:現田 茂夫(Shigeo Genda)
現田茂夫(げんだしげお)
(C)三浦 興一
 東京生まれ。東京音楽大学指揮科で汐澤安彦、三石精一両氏に師事。その後東京芸術大学で佐藤功太郎、遠藤雅古両氏に師事。1985年安宅賞受賞。
 86年、二期会オペラ「ヘンゼルとグレーテル」でオペラ・デビュー後、「こうもり」等、二期会オペラで活躍する一方、オーケストラコンサートでも実績を積む。
 87年、新星日本交響楽団指揮者に就任。88年、来日中のドレスデン・フィルに客演したのをはじめとして、国内外を問わず主要オーケストラを指揮し、好評を得ている。
 90年、新星日響とヨーロッパ演奏旅行。同年、ウィーン国立歌劇場に国費留学。91年スロヴァキア・フィルに客演。92年、プラハ国立歌劇場日本公演の指揮者として客演。同年、プラハ交響楽団の定期公演に初登場し、翌年、“プラハの春”での“佐藤しのぶリサイタル”は、センセーショナルにヨーロッパで放送された。チェコを始めとして、イタリア、ドイツ等での客演も多い。
 96年、神奈川フィルハーモニー管弦楽団指揮者、2000年9月より同常任指揮者に就任し、同オーケストラを中心に、他の国内オーケストラとも数多く共演している。最近では、世界的チェリストのムスティスラフ・ロストロポーヴィチと2003年12月、2004年10月の皇后陛下の古希祝賀コンサートで共演し好評を博した。
 オペラ指揮者としても経験豊かで、94年“フィガロの結婚”(東京、広島)、“ラインの黄金”(関西二期会)、95年“チャルダッシュの女王”(東京二期会)、96年“ドン・ジョバンニ”(文化庁オペラ研修所)、“フィガロの結婚”(東京二期会)、“魔笛”(同)、“佐藤しのぶドラマチック・リサイタル”(全国ツアー)、97年“ワルキューレ”(関西二期会)、98年“ナクソス島のアリアドネ”(関西二期会)、2001年夏には“夕鶴”のタジキスタン/ウズベキスタン/東京公演、02年“天守物語”(関西ニ期会)、04年秋にはブラチスラヴァでスロヴァキア国立歌劇場の“椿姫”を指揮し、さらに10月同日本公演でも好評を博した。02年から錦織健プロデュースオペラの音楽監督も務め、“コシ・ファン・トゥッテ”、04年“セビリアの理髪師”、06年“ドン・ジョヴァンニ”、05年には栗山民也演出“夕鶴”の全国公演を行っている。
また、第8・9回アントニオ・ペドロッティ国際指揮者コンクール(イタリア/トレント)の審査員としても招待された。2000年4月から3年間、NHKの「FMシンフォニー・コンサート」のパーソナリティを務めるなど、バラエティにとんだ活動を行なっている。




閉じる
(c) TOYOTA MOTOR CORPORATION. All Rights Reserved.