好ましい里山、その整備と手入れ
フォレスタヒルズでの里山管理とエコモニタリング


● ゆっくり楽しむ1時間コース
地図:フォレスタヒルズ1時間コース 自然林化試験区I 天然ツツジ育成試験区 自然林化試験区II 肥培試験区
太字はエコモニタリングを行っている試験地です。
クエルカス見本林(整備ゾーン)
クエルカス実生苗試験区(整備ゾーン)
整備林(整備ゾーン)
放置試験区(整備ゾーン)
竹の活用試験区(整備ゾーン)
アベマキ保全林(整備ゾーン)
自然生態観察園(整備ゾーン)
ここまでは「森とふれあう30分コース」と同じです

自然林化試験区I(整備ゾーン)
写真:自然林化試験区I ここでいう自然林とは、針葉樹と広葉樹が適度に混ざり合い(針広混交林)、中層・下層木も育っている状態(複層林)をイメージしています。I区では、広葉樹林を主体とする雑木林に、ヒノキの実生苗を育成しています。ここでも、樹木の生長量や落ち葉の量などを測定して、森の生産活動を知るためのエコモニタリングを行っています。

森の生産活動とは?

天然ツツジ育成試験区(整備ゾーン)
 もともとツツジ類の豊富なところでしたが、放置しておくと、他の高木が茂ってツツジ類にかぶさり、ツツジは衰退してしまいます。だから、森の中に「光」を入れるための整備を行っています。

自然林化試験区II(整備ゾーン)
写真:自然林化試験区II II区では、I区とは逆に、ヒノキ人工林の中に、下層に自然に育つ広葉樹を育成しています。ここでも、樹木の生長量や落ち葉の量などを測定して、森の生産活動を知るためのエコモニタリングを行っています。

森の生産活動とは?

肥培試験区(整備ゾーン)
 森林の整備で生じる枝や葉など廃材で作った堆肥を施用しています。また、木炭を施用する試験が行われています。ここでも、樹木の生長量や落ち葉の量などを測定して、森の生産活動を知るためのエコモニタリングを行っています。

森の生産活動とは?

30m森とふれあう30分コース
2h大まんぞくの2時間コース

「好ましい里山、その整備と手入れ」トップページへ戻る
(C) TOYOTA MOTOR CORPORATION. All Rights Reserved. 「好ましい里山、その整備と手入れ」トップページへ戻る