バイオ・緑化事業

概要

1.バイオ・緑化事業に取組む意義

現在、人類は「地球温暖化」「エネルギー問題」「食糧問題」などの地球規模の問題に直面しています。

トヨタは、こうした問題の改善に貢献するため、従来から自動車事業においては次世代環境車の開発、工場における環境活動など、様々な取り組みを進めてきました。加えて新規事業分野においても「環境貢献型事業」が必要と考え、1998年1月、バイオ・緑化事業室を設置し、研究開発に着手、翌年5月には、バイオ・緑化研究所を建設し、研究開発・事業化の体制を整えました。

2.取り組みの方向性・ビジョン

2011年、我々はこれまで取組んできたバイオ・緑化事業の理念を「TOYOTA GREEN WAY」としてまとめ、
以下の3つのビジョンを掲げ、様々な分野に取組んでいます。

  1. 優れたバイオテクノロジーや緑化関連技術を開発し、事業を通して地球環境に貢献する。
  2. 地球温暖化や森林面積の減少などの問題に対応する「環境貢献型の緑化事業」を展開する。
  3. さらには食糧問題、大気・水質汚染問題へ対応する「資源循環型新規事業」を展開する。

バイオテクノロジーにおけるトヨタの取り組み分野

バイオ・緑化研究所

バイオ・緑化事業を含むトヨタの環境への取り組みはこちらでご覧いただけます