トヨタの歴史(1950-1959)

新車発表/生産・販売・輸出実績 事業展開/工場・施設展開
1950 ・経営危機/労働争議・人員整理
・トヨタ自動車販売(株)設立
・民成紡績(株)設立<現・豊田紡織(株)>
・BX型トラック、BJ型トヨタジープ発表<現・ランドクルーザー>
・SF型小型乗用車生産開始
'51 ・創意くふう提案制度発足
・SG型小型トラック生産開始 '52
・RH型トヨペット・スーパー、RK型小型トラック発表 '53 ・東和不動産(株)設立
・会社代表標語「よい品よい考」制定

標語制定

・SKB型小型トラック発表<現・トヨエース> '54 ・技術本館(テクニカルセンター)完成
・トヨペット・クラウン、トヨペット・マスター、クラウン・デラックス発表

トヨペット・クラウン

'55
・RK52型小型トラック発表<現・ダイナ> '56 ・トヨペット店営業開始
・本社テストコース完成
・DA60型ディーゼルトラック、トヨペット・コロナ発表
・国産乗用車対米輸出第1号(クラウン)

国産乗用車対米輸出第1号(クラウン)

'57 ・米国トヨタ自動車販売(株)設立

米国トヨタ自動車販売

'58 ・トヨタ・ド・ブラジルS.A.社(ブラジルトヨタ)操業開始
'59 ・元町工場操業開始

元町工場

  • ※青字:トヨタの海外関連事業