日本

トヨタ

60008245

7代目

Corona

コロナ

発売日 1983年 1月19日

ボデ―タイプ

リフトバック

LB

該当車画像1
  • 該当車画像2
  • 該当車画像3
  • スペックはこちら
  • 解説はこちら
  • 生産・販売情報はこちら
  • 車両の由来はこちら
グレード 1800・EXサルーン 1800・GX 1800・DX
車両型式
重量
車両型式 E-ST150-TLMES E-ST150-TLMNS E-ST150-TLMDS
重量(kg) 995 975 965
寸法 全長(mm) 4330 4330 4330
全幅(mm) 1670 1670 1670
全高(mm) 1365 1365 1365
ホイールベース(mm) 2515 2515 2515
エンジン エンジン型式 1S-LU 1S-LU 1S-LU
エンジン種類 水冷直列4気筒OHC 水冷直列4気筒OHC 水冷直列4気筒OHC
排気量(cm3) 1832 1832 1832
最高出力kW/(PS)/r.pm -/100/5400 -/100/5400 -/100/5400
代表するグレードのスペックを表示しております。
エンジン最高出力はネット値です。
このクルマの型式は、 ST150(1800) です。
1983年1月に発売した8代目。最大の変更内容は、前輪駆動化したこと。ボデーも新世代の小型ファミリーカーの姿にふさわしい5ドアハッチバックでスタートし、一般的なトランクを持つノッチバック型4ドアセダンは同年10月に加えた。看板車種である「コロナ」をFF化とするにあたっては、急激な変化を望まない顧客のために、これまで通りのFRモデル(7代目)を併売する策をとった。

フロントに横置きするエンジンは直列4気筒SOHC1832cc・100PS(1S-LU)ユニットの1種類でスタートし、1983年10月に搭載エンジンを一挙に増やし、SOHC1832ccの105PS(1S-iLU)、そのEFI-D仕様の115PS(1S-ELU)、1452cc・83PS(3A-LU)の3種のガソリンユニットを用意した。さらに、1985年8月にはFFクーペと4ドアGTを新設。FFクーペは、同時に発売したFF化した「セリカ」(4代目で、FFコロナのプラットフォームを共用)をベースにしたノッチバッククーペで、これをFRハードトップの後継車として置き換えた。
生産工場 堤工場
販売会社 トヨペット店、トヨタオート店(東京地区は東京協和トヨペット、東京トヨタでも販売。大阪は大阪コロナでも販売)
「真赤に燃える太陽、そのまわりの淡い真珠色の光。太陽の冠。」という意味。明るく親しみのもてるファミリー・カーにふさわしいように名づけた。
カタログはこちら ニュースリリースはこちら