日本

トヨタ

60011151

1代目

Toyopet Super Model RH

トヨペット スーパー RH型

発売日 1953年10月--

ボデ―タイプ

セダン

SD

該当車画像1
  • 該当車画像2
  • 該当車画像3
  • スペックはこちら
  • 解説はこちら
  • 生産・販売情報はこちら
  • 車両の由来はこちら
グレード RH
車両型式
重量
車両型式 RH
重量(kg) 1315
寸法 全長(mm) 4280
全幅(mm) 1590
全高(mm) 1600
ホイールベース(mm) 2500
エンジン エンジン型式 R
エンジン種類 水冷直列4気筒頭上弁式
排気量(cm3) 1453
最高出力kW/(PS)/r.pm -/48/4000
代表するグレードのスペックを表示しております。
エンジン最高出力はネット値です。
このクルマの型式は、 RH です。
当時、乗用車の需要の大半を占めていたタクシー用につくられたモデル。未舗装路の多かった使用環境での酷使に耐えられるように、シャシーは、はしご型フレームに、前後ともリーフスプリングで吊ったリジッドアクスルという、トラック同様の頑丈なものを使用している。エンジンは、小型車規格が1000ccから1500ccまでに引き上げられたのに合わせて新たに開発した1500ccのR型エンジンを搭載。R型エンジンは最高出力48HPと、1000ccのS型エンジンより21馬力も強力で、輸入車との性能的な格差がなくなった。

「トヨペットスーパー」にはボデー製造を、中日本重工業(現 三菱重工業株式会社)が担当した「RHN型」(Nは中日本の意)と、関東自動車工業製が担当した「RHK型」(Kは関東自動車の意)があり、ともにタクシーとして高い評価を得て、トヨタの主力モデルとなった。
生産工場 挙母工場(現 本社工場)
販売会社 トヨタ店
「トヨペット」は、一般公募から決定。車両型式を車両名としている
カタログはこちら