社長メッセージ

グローバルビジョン発表

「3つの意志」をぶらさず未来へ挑戦していく

今年に入り、世の中の潮目は大きく変化してきております。
今期に対する私の想いを一言で言えば、「私たちの『意志』が本物かどうか、試される年」に尽きると思います。
不確実性が増すなかで、さまざまな変化が起こり得る想定のもと、経営基盤の強化に取り組んでまいりました。
ことが起きてから対応するのではなく、どのような状況にあっても3つの「意志」をぶらさず変化に立ち向かうことこそ、いま、私たちがやらなくてはならないことであると考えております。

平素より、当社への格別のご理解とご支援を賜り、心より御礼申し上げます。

「意志ある踊り場」から「意志ある投資」へ

トヨタは、2000年代半ばの急成長の後、2008年のリーマンショックにより創業以来初めて赤字となり、その後も幾多の困難を経験しました。そのなかで学んだことは、急成長をしてもそのあと赤字では、ステークホルダーの皆様にご迷惑をお掛けするということでした。いま、私たちは、量だけを拡大するのではなく、「もっといいクルマづくり」を着実に進めることこそが大切であり、その先に年輪を刻むような持続的成長があると考えております。
そうした学びを得て、「意志ある踊り場」として、生産性の向上や人材育成に努め、次なる挑戦に向かうための基盤強化を図ってまいりました。
そして昨年、私は、「意志ある踊り場」から「実行の段階に入った」「これからは意志ある投資を進めていく」と申し上げました。
その「意志」とは、次の3つです。
一つは、「もっといいクルマづくり」のさらなる推進による競争力の強化です。例えば、ここ数年、取り組んでいるTNGAをさらに強力に推し進めていきます。
二つ目は、未来への挑戦として、既存の完成車事業はもちろん、完成車事業の枠にとどまらない領域にも種を蒔いていくことです。
そして、三つ目は、これらを実現するための経営基盤・財務基盤の強化です。経営基盤の強化は、現在のトヨタだけでなく、次世代につながる取り組みとして、とりわけ重要であると考えております。

「TNGA」について(PDF:857KB / 全4ページ)はこちら

人づくり

今年4月、当社は組織体制を大きく変更しました。
年間販売台数が1,000万台となった今日では、一つ物事を決めるにしても、調整に時間を費やし、なかなか決められないということが多くなっていました。他方、他の自動車メーカーとのアライアンスでは、クルマづくりにおける技術、情熱、スピード感だけでなく、リソーセスの使い方も含め、見習うべきことが多く、自らを見直すきっかけを与えてくれました。
そこで、当社は、車両を軸にしたカンパニー制を導入し、組織単位を小さくしました。また、未来へ向けた先進技術開発や新価値の創出をより強力に推進する体制を整えました。この目的は、「意思決定の迅速化」や「組織の垣根を越えた働き方改革」ですが、私の想いはさらに、トヨタの将来を担う人を育てる組織づくりというところにあります。
組織が大きくなるにつれて、人は「自分ごと」としての意識が薄くなり、新しいことにチャレンジする気持ちが弱くなりがちです。カンパニー制により、一つひとつの単位を「小さなトヨタ」とし、従来よりも新しいことへのチャレンジがしやすい組織、そして、自らの成長を実感できる会社に変えていきたいと考えています。

次世代リーダー

また、マネジメント層にとっても、これまでの機能代表から、カンパニー全体の責任者へと変わることで、マネジメントとしての覚悟が違ってくるはずです。「決断」という漢字は、「断つ」ことを「決める」と書きます。カンパニー全体のことを考えれば、厳しい決断を下す場面もあるでしょう。そうしたときに、その決断に影響される「現場」を思いやることも大切です。リーダーとしての資質を磨くオポチュニティとしても、今回の組織改正を生かしていきたいと考えております。

イノベーションとトヨタらしさ

現在、世の中の潮目は大きく変わろうとしており、社会動向には不透明さが増しています。一方、クルマそのものも、大きな変革の時期を迎えています。
トヨタは、創業のころから、時代を先読みしたイノベーションにより成長してきました。今年1月には、未来社会の鍵となるAI(人工知能)技術の研究開発を加速化するために、Toyota Research Institute, Inc.を設立。これは、今後もトヨタおよびトヨタグループが、未来の豊かな社会づくりに貢献し続けていくための「意志ある投資」です。
また、同時に、先輩たちが築いてきたトヨタ生産方式に代表されるトヨタらしさは、現在に引き継いでおります。今後もイノベーションを起こしながら、トヨタらしさも進化させていく、そうして持続的成長を実現していきたいと考えております。

志をつなぐ

経営者の仕事は、自らの在任期間だけを考えるのではなく、トヨタという会社を次の100年へと引き継ぐための継承者としての役割があると考えています。だからこそ、これまで築いた「もっといいクルマづくり」という志を引き継ぎ、また同時に、次の世代に「いい町・いい社会」をつないでいくため、未来を見据えて取り組む「意志」が必要なのです。
厳しい事業環境のもとでも「意志」をぶらさず、持続的成長を続けていくためには、マネジメントが自ら、新しいこと、困難なことに挑戦していく姿、私流に言えば、「バッターボックスに立つ」姿を、従業員に示していくことが大切だと考えております。
トヨタは、グローバル販売1,000万台という未知の領域に足を踏み入れました。私たちの行く道は、前例のない道であり、自分たちで切り拓いていく道です。そして、それは、すべてのステークホルダーの皆様とともに歩んでいく道でもあります。これからも多くの困難が待ち構えていると思いますが、私たちは失敗を恐れず、勇気を持って、バッターボックスに立ち続けますので、ステークホルダーの皆様の変わらぬご理解、ご支援をお願い申し上げます。

2016年9月
トヨタ自動車株式会社 取締役社長

豊田 章男