Paris Auto Show

Exhibition Outline
会期 2010年9月30日(木)~10月17日(日):18日間(隔年開催)
スケジュール プレスデー:9月30日(木)・10月1日(金)
一般公開日:10月2日(土)~10月17日(日)
会場 Paris Expo Porte de Versailles
来場者数 1,432,972人(2008年開催時:16日間)
公式サイト http://www.mondialautomobile.com/

TOYOTA

概要

出展面積:2,100平方メートル

今年の6月にトヨタモーターヨーロッパ(TME)の社長に就任したディディエ・ルロワ(Didier Leroy)より以下のメッセージが発信されました。

  1. エネルギー多様化への対応として先進のハイブリッド技術を核とした環境技術を、より広範囲に応用し、市販車へ積極的に投入していきます。
  2. クルマを安心・安全に走らせるために最大限の努力を惜しまず、開発・生産・品質管理に全力あげて取り組んでいます。
  3. 「見て」「乗って」「走らせて」「所有する歓び」といった「ワクワク・ドキドキ」する魅力ある商品を開発していきます。

パリモーターショーでは、圧倒的な環境性能を追求しながら走る楽しさとの両立を目指したコンパクトクラスのハイブリッド車「FT-CH」や超小型軽量ボディに4人乗車が可能な超高効率パッケージを実現した"近距離小型コミューター"としてのEVコンセプトの最新モデル「FT-EV II」を中心に、すでに欧州で販売されている「プリウス」や「オーリス ハイブリッド」そして、近い将来市販が計画されている「プリウス Plug-in Hybrid」など、HSD(Hybrid Synergy Drive)の豊富なラインナップを展示するとともに、これまでのハイブリッドの足跡も展示しています。

市販車モデルでは、エンジンをはじめ最新のパワートレーン技術で環境技術をリードする「Toyota Optimal Drive」を展示して、低燃費ラインナップを訴求。

そして、コンパクトなボディサイズながらゆとりの室内空間と使い勝手の良さを追求した"小さなMPV(Multi Purpose Vehicle)"「Verso-S」(日本名:ラクティス)をワールドプレミア。Verso-Sは、パッケージを活かしたスタイリング、高い環境性能や欧州で鍛え上げられた走行性能など魅力ある商品としています。

その他、クルマ本来の魅力である運転する楽しさ・所有する歓びを提案する小型FRスポーツコンセプト「FT-86 Concept」やカスタマイズされたショーモデルの「iQ」など幅広く展示。

LEXUS

概要

出展面積:1,228平方メートル

環境性能と運動性能を高次元での両立を図った"LHD(Lexus Hybrid Drive)"の幅広いラインナップ展示と、レクサスでは初となるクリーンディーゼルエンジンを搭載した「IS200d」とマイナーチェンジをした「IS250」と「IS F」も同時に展示。

"レクサス・ハイブリッド・ドライブ"により、ドライバーの感性を刺激するハンドリング性能とクラストップの環境性能を追求したプレミアムコンパクトセグメント初の5ドアのハイブリッド車「CT200h」の最終モデルを出展。 「CT200h」は、2011年の早いタイミングで市場に投入される計画です。

LEXUSブランドのプレミアムスポーツを示す"F"の頂点に立つクルマとして、運転する楽しさがもたらす「感動・官能」を極限まで追求した「LFA」を出展。
「LFA」は年末より順次生産が開始される予定です。

TOYOTA
  • Toyota Booth
  • Verso-S
  • Auris Hybrid
  • Prius Plug-in Hybrid
  • Toyota Optimal Drive
  • Message from TME
LEXUS
  • Lexus Booth
  • CT200h
  • IS200d
  • ISF
  • LFA
動画をご覧いただくには、Windows Media Playerが必要です