Ha:mo(ハーモ)

TOYOTA

Ha:mo導入までの大きな流れをご説明します。

お問い合わせ

まずはお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせの際は以下の内容をご記入ください。

御社名、ご担当者名、お電話番号、メールアドレス、ご相談事項

相談する
メールソフトが起動します

ヒアリング・
ディスカッション

事業主様の実現されたいサービス内容や対象顧客などをお伺いし、適性や課題を抽出します。

提案・見積り

ヒアリングを基に、運用方法や運用体制、台数規模や費用概算、スケジュール等のご提案をします。

企画

お客様と一緒に、サービス企画を立案します。
狙い、ターゲットユーザー、ユースケース、料金体系、ステーション配置、運営体制等ベースになるものです。

詳細分析

パーソントリップ調査や交通センサスデータに基づく、移動特性の把握と需要推計を行い、より効率的なステーション配置と台数を提案します。(有料)

契約

実施内容にご同意いただけましたら、導入準備に着手するための契約を行います。

システム
カスタマイズ

事業主様独自のシステム仕様がある場合、開発を行います。(有料)

運用設計

営業時間・料金プラン等運営の体制、詳細の運用方法、ステーションの配置等、準備すべき事項の詳細をクリアにします。

運用準備

設計に基づき、車両の手配、ステーション工事、運用人材の確保、告知ツール等の準備を行っていただきます。準備が完了したら、テストを行い、運用に問題がないかチェックします。問題解決に役立つこれまでの運用ノウハウが凝縮されたマニュアルをご提供します。

運用開始

いよいよ運用の開始です。

報告・アドバイス

運用開始後は、利用の日報/月報、コールセンターへの入電内容等をきめ細かく事業主様にレポートし、詳細の分析実施の上、改善のアドバイスも行います。

企画提案から導入支援、事業管理まで
サポートします。
お気軽にトヨタへご相談ください!

相談する
メールソフトが起動します