第100期 中間事業報告書
トピックス (3)
急拡大する中国市場
本年4月、中国第一汽車集団公司(以下、一汽)と当社は、4車種の共同生産に関する契約を調印いたしました。これは、昨年8月の自動車事業に関する協力関係の基本合意に基づき、より具体的な合弁生産、技術ライセンスに関する契約内容となっています。トヨタは急速にモータリゼーションが進展する中国市場において、生産・販売面での取り組みを強化し、2010年頃を目標に10%のシェア獲得を目指します。 一汽との4車種共同生産の契約調印式(写真)
4車種共同生産の内容
一汽との4車種共同生産の契約調印式
4車種共同生産の内容(表)
中国自動車販売総市場の推移 グラフ 中国の自動車市場は予想を上回る勢いで急拡大しており、トヨタの販売台数も着実に増加しています。(出典:中国汽車工業総合分析 他) トヨタの主な生産・販売会社 天津一汽トヨタ自動車有限会社
天津一汽トヨタ自動車有限会社(写真)
2000年6月設立。生産能力は8万台/年。 2002年より新型小型車「VIOS(ヴィオス)」(中国名:威馳[ウェイチュウ])を生産しています。
一汽トヨタ自動車販売有限会社 2003年9月に一汽グループと設立した販売会社(11月営業開始)。中国生産のトヨタ車の販売を行い、今後、販売店舗数を増やしていきます。


記載内容は、2003年10月末時点のものです。