第99期 中間事業報告書
株主の皆様へ
株主の皆様には、ますますご清栄のこととお喜び申しあげます。
 ここに、第99期(平成14年4月1日から平成15年3月31日まで)の中間事業報告書をお届け致します。

 当前半期(平成14年4月1日から平成14年9月30日まで)の営業の概況につきましてご報告いたします。自動車の販売台数については、国内は80万台、輸出は89万1千台となりました。この結果、海外での生産車両を含めたトヨタ車の世界総販売台数は281万台と、前半期としては過去最高を更新しました。また、業績については、売上高は4兆2,047億円、経常利益は4,817億円、税引後の当前半期利益は3,822億円と、いずれも前半期としては過去最高となりました。これも株主の皆様のご支援の賜物と厚くお礼申しあげます。
 当期の中間配当金は、前期の中間配当金に比べて3円増配し1株につき16円とし、支払開始日を11月26日とさせていただきました。
 自動車業界は、メガ・コンペティションの時代に入っていますが、当社は、グローバルな事業展開や、環境・IT技術の開発、戦略的技術アライアンスなどの将来に向けた布石づくりを着実に進めてまいります。また、グローバルトヨタを支える人材の育成を図るとともに、グループの総合力を結集し、21世紀においても安定した成長を続ける企業を目指していきたいと考えております。 
 今後とも地球環境保護や安全性の向上などの、時代と社会の要請に積極的に応えていくとともに、国際社会から信頼される企業市民として、社会との調和ある成長と社業のますますの発展をはかる所存であります。
 株主の皆様におかれましては、引き続き変わらぬご支援とご指導を賜りますようお願い申しあげます。
 
平成14年11月

  
取締役会長
奥田 碩
  取締役社長
張 富士夫