第98期 事業報告書
株主の皆様へ
 株主の皆様には、ますますご清栄のこととお喜び申しあげます。
 ここに、第98期(平成13年4月1日から平成14年3月31日まで)の事業報告書をお届けするにあたり、ごあいさつ申しあげます。
 当期の業績については、売上高、利益ともに過去最高となり、期末の配当金は、1円増配し1株につき15円とさせていただきました。昨年11月の中間配当金は1株につき13円と2円の増配でしたので、年間としては3円増加の1株につき28円となりました。
 自動車業界においては、世界規模での競争が一段と厳しさを増しておりますが、当社は、21世紀における「世界のリーディングカンパニー」を目標に、グループの総合力を最大限に発揮し、「グローバリゼーション」の視点からの事業展開、「IT」を活用した技術の研究や経営情報の高度化、またハイブリッドシステムの一層の普及や燃料電池自動車の早期市場導入などの「環境」技術への取り組みを推進していきたいと考えております。
 今後とも地球環境保護や安全性の向上などの社会的要請に積極的に応えていくとともに、国際社会から信頼される企業市民として、社会との調和ある成長と社業のますますの発展をはかる所存であります。
 株主の皆様におかれましては、引き続き変わらぬご支援とご指導を賜りますようお願い申しあげます。
 
平成14年6月

     
取締役会長
奥田 碩
  取締役社長
張 富士夫