CSRナビ

環境への取り組み

マイナス要因をゼロにするだけでなく「プラスの世界」を目指すため、トヨタは成し遂げるべき6つのチャレンジを掲げます。
新車CO2ゼロチャレンジ

世界中で地球温暖化が進んでいます。トヨタは新車のCO₂を2050年に2010年比90%削減を目指し、次世代車開発を促進、普及を加速していきます。

MORE
ライフサイクルCO2ゼロチャレンジ

トヨタはクルマの素材製造から部品・車両製造、走行、廃棄までのすべての工程をふくむライフサイクル全体で、CO₂ゼロに近づけることを目指していきます。

MORE
工場CO2ゼロチャレンジ

トヨタは生産工場で「低CO₂技術の開発・導入と日常カイゼン」と「再生エネルギー活用と水素利用」の両輪によりCO₂ゼロを目指していきます。

MORE
水環境インパクト最小化チャレンジ

クルマの製造では塗装や鋳造工程などで水を使用します。使う量を徹底的に減らし、使った水も徹底的にきれいにして還すことで、環境への影響を最小限にすることを目指していきます。

MORE
循環型社会・システム構築チャレンジ

トヨタは40年前から資源循環に取り組んでいます。今後はその蓄積された技術・システムを世界へと広げ、グローバルな循環型社会の構築に貢献していきます。

MORE
人と自然が共生する未来づくりへのチャレンジ

トヨタは地域の豊かな森や自然を守る取り組みを続けています。自然と人の共生を目指し、活動を地域とつなぎ、世界へつなぎ、未来にもつないでいきます。

MORE
トップメッセージ

トヨタ環境チャレンジ2050 トップメッセージ(4:48)
取締役会長
内山田 竹志

有識者からのメッセージ1

有識者からのメッセージ1(4:29)
Dr. Jane Smart, OBE
Global Director, Biodiversity Conservation Group Director, Global Species Programme
IUCN (International Union for Conservation of Nature)

有識者からのメッセージ2

有識者からのメッセージ2(3:16)
Dr. Marco Lambertini
Director General
WWF International